2014-07-01 17:03 | カテゴリ:1/12モデル
タミヤ1/12二輪ライダーセット

ホンダNSR500に加えて、DUCATIが完成したのを機に、二輪ライダーを製作することにしました。
やはり、乗り手がいないと寂しいですから。

アマゾンで検索して購入しました。

RD1.jpg


(1)(2)(3)
パーツは本当に数えるくらいしかありません。手足と胴体、顔付きのメットです。
しかし、説明書にも書いてありますが「マシンによってはライダーの一部改造が必要です」だそうです。
まずは、マスキングテープを使用して、胴体に手足を付けてDUCATIに乗せて様子見です。
うー、両足は、相当ガニマタにしないとマシンを跨げそうもありません。
手は少しずらせば何とかなりそうです。
足と胴体の接続部は、これまた相当隙間が開きそうです。
足と胴体の取り付け部に4mm位の穴を開けて、あまっているプラのランナーを切って差し込み、ちょうど良い間隔で接着剤で固定します。
乾燥後に、空いている隙間にティッシュを小さく丸めて詰めて、その上からプラパテを流しました。
乾燥後に300番くらいの紙やすりで成型していきます。
このあたりまでくれば、通常のプラモと同じ感覚です。

RD2.jpg


ライダーの手は、指を丸めてグリップを握っているような成型になっていますが、そのままではDUCATIのグリップに合いません。
そこで、ヘアドライヤーで手先を熱して、形を変えました。

このライダーがプラパテに座っているのは、パテが要るよーという意味です。

RD3.jpg


(4)
顔とメットは別パーツですから、顔をある程度作りこんでから、メットに接着します。

RD4.jpg


管理者のみに表示する