FC2ブログ
2018-08-28 20:56 | カテゴリ:1/8モデル
ハーレーのテールライトアッセンブリの電飾を完成させます。

これまでに、テールランプの製作が出来ましたので、今度はウィンカーです。
ウィンカーは左右に飛び出した形状です。


(HD07-01)
HD07-01.jpg





続きは、、、、



ウィンカーは左右に突き出る形なので、背後にLEDのリード線を突き出すわけにはいきませんので、ここはチップLEDを使用します。
オレンジのチップLEDの在庫がありましたので、これを湾曲したウィンカーのカバーの底部に仕込み、上からオレンジ色のクリアパーツをかぶせるという計画です。

まず、ウインカーの棒状のパーツに、配線用の小穴をハンドドリルで開けました。


(HD07-02)
HD07-02.jpg

次いで、ウィンカーの棒状の台座を先にテールランプパーツに接着します。

(HD07-03)
HD07-03.jpg


(HD07-04)
HD07-04.jpg


開けた穴に、リード線を半田付けしたチップLEDを通しておきます。
このチップLEDには、ウィンカーのオレンジカバーのレンズの焦点距離を合わせるために、綿棒の軸を3mmくらいに切断したパーツを先に瞬着で固定したうえで、反射鏡部の底面に接着します。


(HD07-05)
HD07-05.jpg


接着剤が古いせいか、なかなか固着しないので、うまくつきませんでしたが、なんとか。

(HD07-06)
HD07-06.jpg


オレンジ色のレンズパーツを接着して、


(HD07-07)
HD07-07.jpg



点灯試験。


(HD07-08)
HD07-08.jpg


ちゃんと点きました!
LEDを焦点に配置できたので、レンズ全体がきれいに点灯している様に見えます。
後ろの配線を接着剤でチョン付けして整理しておきます。

(HD07-10)
HD07-10.jpg


(HD07-09)
HD07-09.jpg


これで、テールアセンブリが完成しました。


次に、ヘッドライトです。
パーツは、この三つです。

(HD07-11)
HD07-11.jpg


レンズ部分は全面に細かいレンズ模様が入っているわけではなく、所々にスルーの部分があります。
焦点部分にLEDを配置するために、チップLED(白色)を使用します。


(HD07-12)
HD07-12.jpg


実際にLEDを置いて、レンズを被せて光り具合を確認したら、少し浮かせた方がよさそうだったので、ちょっと底上げしました。

(HD07-13)
HD07-13.jpg

それを底部に接着後、拡散キャップを取り付け。


(HD07-14)
HD07-14.jpg


パーツをきれいに拭き取ったのち


(HD07-15)
HD07-15.jpg


組み上げました。
点灯試験、無事点灯確認。

(HD07-16)
HD07-16.jpg


正面で撮影すると明るすぎて、まわりが映らないので、光軸から少し離れたところで撮影しました。

横から見てみると、拡散キャップが見えます。


(HD07-17)
HD07-17.jpg

これで、ヘッドライトも完成しました!

あとは、フロントのウィンカーですが、取り付け方法が違う様で、説明書を確認してから進めることに。

関連記事

管理者のみに表示する