FC2ブログ
2018-05-30 17:55 | カテゴリ:コンピュータ

先日、NTTのインターネット機器が新しくなって、付随するルーターの速度もちょっと早くなったみたいです。
大本の光回線は、マンションの構造の制限で住戸内に光配線を引き込むことができず、戸外から旧電話線で引き込んでいますので、速度は100Mどまりです。
J-COMの有線TV回線なら300M出るようですが。

我が家は、NASをLANに接続していますが、そのバックアップをPC本体のHDDに行っています。
先日、Raid設定したNASが故障して、危うく全データ消失の危機があったのですが、何とかサルベージでき、ほっとしていたのですが、別途使用していたNASを正式なNASに昇格させて運用することにしました。
Raidではありませんので、バックアップソフトで、数日ごとにNASのデータ(約500GB)をデスクトップPCのHDD(2TB)にバックアップする運用にしました。

このバックアップソフトは数年前からRaidの更なるバックアップとして使用していたのですが、500GBのデータをフルバックアップするのに、なんと18時間くらいかかりました。(驚!)
問題はLanの速度だと思っていました。

今回、NTTのルーターが新しくなって、グッと早くなるかと楽しみにしていたのですが、「まったく変わりません」

フリーのLAN計測ソフトをインストールして、計ってみました。
NASにデータを読み書き(20MB)して計測するテストで、読み書き共に10MB/秒!

(LAN01)
LAN001.jpg

500,000MB ÷ 10 = 50,000秒 ÷ 3600秒 = 13.8時間

通信だけで14時間くらいかかるわけで、その他のオーバーヘッドを考えると、18時間もうなずけました。

続きは、、、、



もう少し速いかと思っていただけに残念な結果でした。
もっと速くするにはどうするのか?
ひょっとしてLANケーブルがボトルネックになっている可能性もあります。
ケーブルを調べると、Cat5でした。
これは、通信速度が100Mbpsまで。

(LAN02)
LAN002.jpg

実際は85-87Bpsでていますので、ケーブルがボトルネックの可能性が。

そこで、Cat6Aのケーブルを探して、

エレコム LANケーブル 1m ツメが折れない CAT6A ブルー LD-GPAT/BU10

を手配しました。
NTTのルーターからデスクトップPCまでの約20mとNASとルーターの間の1mの二本です。

(LAN03)
LAN003.jpg

到着次第、早速、ケーブル敷設の大工事です。
ケーブルは簡易モールドでカバーしてありますので、ふたを外し、古いケーブルを外して、新しいケーブルを納めてふたをします。
結構時間がかかりました。(笑)

早速、通信速度のテストです。

(LAN04)
LAN004.jpg

おーー
なんと、書き込み速度が約2倍、読み込み速度は約6倍ほどに速くなっています。
これは絶大なる効果です。
約3千円の投資でしたが、十分メリットがありました。

ついでにWifiの速度も試してみました。
二台のNotePCですが、一台は、2.4MHzの”G”クラス、もう一台は5GHzの”A"クラスです。


それぞれ速度はこんな感じでした。

(LAN05)
5GHzのAクラス

LAN005.jpg


(LAN06)
2.4GHzのGクラス

LAN006.jpg

全体をまとめるとこんな数字になりました。

(LAN07)
LAN007.jpg

関連記事

管理者のみに表示する