2017-12-09 20:01 | カテゴリ:海外旅行
今日は午後にTonsbergに移動し、友人と会って一泊して、またオスロに戻ります。
その前に、オスロ市内をちょっと散策。

(OA0301)
OA0301.jpg

所で、オスロ市内の歩行者用信号は、赤、赤、緑です。
赤の時は二個とも点灯します。
なぜかなぁ? と考えたら、わかりました。
歩行者で、信号を守っている人はほんの30%くらいで、あとは、赤でも、車やトラムが来なければ、どんどん渡っていきます。

続きは、、、



ホテルから、南西に1kmくらい下ると、海岸に出ます。

(OA0302)
OA0302.jpg


その横の崖(高くはありませんが)の上に城跡があります。
博物館なども敷地にあるのですが、行ったときはお休みでした。
門番の兵隊さんが、ちゃんとお仕事をされていました。


(OA0303)
OA0303.jpg

(OA0304)
OA0304.jpg

(OA0305)
OA0305.jpg

(OA0306)
OA0306.jpg

城跡を下ってくると、先ほどの海岸にでますが、そこには市役所や公園があります。

(OA0307)
OA0307.jpg

(OA0308)
OA0308.jpg

お城は、海のすぐそばのちょっとした崖の上に建っています。
そこから海の方へ下っていくと、ちょっとした港があり、各方面へのフェリーが就航しています。

(OA0309)
OA0309.jpg

公園には「美女」も横たわっていました。

(OA0310)
OA0310.jpg

歴史を感じさせる建物も多くありますが、工事中のビルもあって、新旧混在状態です。

(OA03011)
OA0311.jpg

港には各方面へフェリーが就航していました。

(OA0312)
OA0312.jpg

横には、大きなショッピングモールがあり、ちょっと一休み。
朝だったので、ほとんどお客はいません。

(OA0313)
OA0313.jpg

昼前には、一旦ホテルに戻って、Tonsbergに向かいます。
帰り道は、トラムに乗車しました。

(OA0314)
OA0314.jpg

乗車中の様子をビデオに。
実は、このビデオの最後に移っていた交差点に差し掛かった時、左側から来たバスが突っ込んできて、あわや衝突するところでした。
トラムが警笛を鳴らし、バスが急ブレーキで回避。
ヤレヤレです。

(OA0314Tram)


トラムはオスロ中央駅まで乗車し、昼食のお店に。

(OA0315)
OA0315.jpg

(OA0316)
OA0316.jpg

(OA0316res)
OA0316JunboRes.jpg

ここは、観光客が大勢通るメイン通りに面した、中華レストランです。
結構立派な店構えで、それにひかれてランチに入りました。

(OA0317)
OA0317.jpg

開店直後の時間で、お客は我々だけでした。
夫婦そろって、中華も大好きで、ワンタン麺とチャーハンを注文。

味は、残念ながら「無星」。
味が非常に薄く、いわゆる中華だしの味も風味もイマイチでした。
そのくせ、お値段は「星三つ」。

気を取り直して、Tonsbergに向かいます。
本来なら、NSBというノルウェーの国鉄に乗っていくのですが、最近、随所で改良工事が行われ、通行止めになっている区間がありました。
Tonsbergへの線路も工事中で、代替の高速バスで向かいました。
駅員さんが親切に教えてくれました。
私が、ハワイで買ったキャップをかぶっていたので、
「お前は、ハワイから来たのか!!」
と、笑って、「俺は来週ハワイに行くんだ!!」(笑)と。

で、Tonsbergに到着。駅から歩いて10分ほどの所にある、ホテルに向かいます。

(OA0318)
OA0318.jpg

この写真の後方に移っているのが、Quality Hotelです。
この辺りは、洒落た感じのレストランがずらっと並んでいます。
クリスマスシーズンには、夜でも、屋外の席がセットされ、頭上からストーブやヒーターで「丸焼き」状態になりますので、それほど寒くはないようです。(笑)

(OA0319)
OA0319.jpg




(OA0320)
OA0320.jpg


(OA0321)
OA0321.jpg

名前の通り、綺麗で高級感あふれるホテルでした。
ロビーには、暖炉があって、暖かく、落ち着きます。

(OA0322)
OA0322.jpg

部屋も広くてとても洒落ています。
お風呂には、バスタブもありました。
ゆっくり入浴できます。

さて、以前の仕事の同僚のご夫婦と会食に。
ホテルに来る前に通った海沿いのバンガロー風のレストランに。

何を注文するか聞いたら、ノルウェーの伝統的なクリスマス料理があるので、それが良いと。

(OA0323)
OA0323.jpg

ポークの三枚肉の厚切りをオーブンで表面がカリカリになるまで焼いて、野イチゴのジャムを付けて食べる料理です。
横には、大きなフランクフルトや別の豚肉もあり、付け合わせのポテトや玉ねぎも。
結構おいしかったです。
お肉に甘いジャムを付けて食べる習慣のない日本人には、珍しかったです。

同僚の奥さんは、ビーフ(チーズをベースにしたソースがかかっています)でした。

(OA0324)
OA0324.jpg

(OA0325)
OA0325.jpg

家内が言っていましたが、こちらの人は食べるのが早いと。
女性でも、この大きなお皿の料理を結構なスピードで平らげていました。

ということで、満腹になったのでこの辺で。
勿論、デザートもしっかりいただきました。
お酒も飲んで、大体おひとり様、1万円という感じでした。(物価が高い!!)







関連記事

管理者のみに表示する