2017-12-03 17:18 | カテゴリ:海外旅行
先週ご案内しましたが、家内とシルバー記念のフルムーン旅行に行って来ましたので、「顛末記」ご紹介させていただきます。

仕事で出張が多かったせいで、DELTA航空やKLM航空のマイルが結構貯まって、この際、思い切って「大名旅行」をしようと言う事になりました。
行き先は、ノルウェーのオスロとオランダのアムステルダムです。
なぜここかは、後程、、、

(OA0101)
OA0100.jpg

航空券は、マイルで交換できますので、「憧れ」のビジネスクラスに。
ホテルは、自腹なので、「格安ホテル」で、食事も「大衆食堂」と決めました。
KLMでは、昨年から最新の機種が 関空<->アムステルダム 間を結んでいるようです。

(OA0102)OA0102.jpg


関空から出発ですが、これで「アムステルダム」と読ませるようです。
出発の前には、南「ラウンジ」で高まる心を落ち着かせます。(笑)

(OA0103)
OA0103.jpg

ここには、各種飲み物(ワインやらビールからソフトドリンクまで)やちょっとしたおつまみ、軽食までそろっています。

さて、いよいよ出発です。

あっ、そうそう、肝心なことを忘れていました。
現地(ノルウェーのオスロ)に到着するのは夜遅く、小銭が必要かもしれなかったので、あらかじめ銀行で両替しておきました。

(Mizho)
Mizuho.jpg


なんじゃーこりゃー」(太陽に吠えろの松田優作の口調で)

このレート表を見て、びっくりです。

売り買いの差がなんと4円60銭もあるではないですか!!
なんと34%÷2=17%の手数料です。
オスロの街中で確認したら、これの数分の一の手数料で両替できました。

コストがかかるのが良く分かったのは、銀行の小さな両替ブースの中に、受付女性2人、と後ろに入出金担当の男性一人、見張りの男性一人の計四人で運用されていました。

こんな事では人件費がかかるばかりです。
関西空港内の両替商(銀行ではない)だと、多少レートは良いです。(だって女性一人で運用していますから)

と言うわけで、皆さんにお勧めは、日本では両替しない
クレジットカード(世界的に有名なもの、VISAなど)を持参し、現地空港や街で1万円くらいを現金にすれば、あとは、ほぼ100%カードで行けます。

と、愚痴はこれくらいで。

続きは、、、、


さて、優先搭乗でいち早く機内へ。
座席は、流石にビジネスクラス。(先の写真でもわかりますが)

ほぼ個室の感覚で、リクライニングを倒すと180度フラットになします。
自分の足先が、前の人の左側のスペースに入るのですが、当然、ボックスで段状に仕切ってあります。

(OZ0104)
OA0104.jpg


しばらくすると、飲み物(私は白ワインが好きなので)とスナック(ナッツ)が出され、一服です。

(OA0105)
OA0105.jpg


やがて、安定飛行に入ると昼食です。
メニューは、こんな感じでした。

(OA0106)
OA0105A.jpg

選択式で、オードブルかスープ。
メインは、チキンかビーフか和食。

私は、スープとビーフを選択。

(OA0106)
OA0106.jpg

このスープは、おそらくボルチーニ茸のスープだと思いましたが、とても美味しかったです。

(OA0107)
OA0107.jpg

ビーフは、シチューで、固くはなかったです。これもおいしく頂きました。

印象は、高級な「ロイヤルホスト(ファミレス)」といった所でしょうか。
デザートも選択式で、チーズやら、フルーツなどが選べます。

(OA0108)
OA0108.jpg

お腹が満たされると、睡魔が、、、
映画を見ながら寝てしまいました。(笑)

離陸後6時間くらいで、簡単なスナックや、アイスが出ました。
オランダ到着(オランダ経由でオスロに向かいましたので)前に、また食事が出ました。

(OZ0109)
OA0109.jpg

この左側にあるパスタもおいしかったです。

と言うわけで、アムステルダムに到着、パスポートコントロールと安全検査を受けて、乗継便ゲートへ。
ここから、オスロに向かいます。
オスロ空港が吹雪で、出発が1時間遅れました。
ホテルに到着するのが遅れる事を知らそうと、日本から持参した携帯電話、京セラの「Luce」を取り出し、電源ON。

(OALuce)
OALuce1.jpg


しかしいつまで立っても、アンテナにXが付いたままです。
この携帯は、格安携帯のマイネオで契約し、AUのSIMなので、ヨーロッパでも使えることを確認してありました。(通話料は1分130円くらいだったと記憶しています)

しかし、携帯がダメなので、これもiPad用にAMAZONで用意していた、ヨーロッパ用通信SIMカードをセット。

(SIM)
SIM2.jpg


3GB・30日間の仕様で3000円ほどでした。
これでホテル(BookingDotComで予約)へ連絡して、一安心です。

しかし、Luceの仕様には、海外ローミングがXとは書いてありません。

(OALuceSpec)
OALuceSPC.png

マイネオのHPのLuceの欄に

「日本国内において海外の相手との通話が可能
(海外ローミングは不可)」

と、あるではないですか。
今時、海外で使えなスマホがあるのかと調べたら、2014年当時、携帯の設定画面に、国内、海外などの切り替えメニューがあったようです。
価格ドットコムの口コミに、SIMの認識や設定でトラブっている話がありました。
エリア設定日本→日本/海外(自動)→日本
などがメニューにあったようですが、今はありません。

恐らく、トラブって、海外仕様を外したと推測します。
それで、安売りしていたのでしょう。(買った私がバカだった)(笑)


あー疲れた。
ホテルには夜遅く到着し、バタン・キューでした。
ちなみに、このホテルは、「下宿に毛の生えた様な」ホテルです。(笑)
オスロの駅前から、徒歩5分という条件で決めました。安いです。1、300NCRです。
ベッドx2でトイレとシャワー付き。
朝食はブッフェ形式で、無料です。

(OA0109A9)
OA0109A.jpg


さて、一夜開けて、朝に。8時ですが、外はまだまだ暗いです。
食堂に出かけて、朝食を。
北欧の地とあって、魚の酢漬けや、チーズ、ハムなどが豊富な種類出されていました。

(OA0110)
OA0110.jpg

(OA0111)
OA0111.jpg

(OA0112)
OA0112.jpg

まずは腹ごしらえです。(笑)

ホテルの外を散歩してみました。

(OA0113)
OA0113.jpg

これがオスロ大聖堂です。
ホテルのすぐ隣でした。

クリスマスの季節なので、町の大きな道には、綺麗に飾り付けがしてあります。
まだ、朝ですが、夜みたいで、電飾が綺麗でした。

(OA0114)
OA0114.jpg

(OA0115)
OA0115.jpg

ちょっと明るくなったので、ホテルの前で。
本当に小さなホテルです。

(OA0116)
OA0116.jpg

さあ、これから観光です。

肝心のオスロ中央駅です。
#Ruterのマークの建物は交通ビルで、各種切符を売っている建物。

(OA0117)
OA0117.jpg

(OA0118)
OA0118.jpg


ここで、24時間有効のチケットを購入。
これには、主な博物館や美術館の入場券も含まれていて、3か所以上回って、地下鉄や、バス、トラムに乗ればお得です。

さて、出発前に、腹ごしらえです。

近くの寿司スタンドで。

(OA0119)
OA0119.jpg

(OA0120)
OA0120.jpg

これから、地下鉄に乗って、ムンク美術館へ出発です。
中央駅構内にも、クリスマスツリーが飾り付けてあり、綺麗でした。

(OA0121)
OA0121.jpg

地下鉄のホームは、こんな感じです。

(OA0122)
OA0122.jpg

(OA0123)
OA0123.jpg

5分くらいで、ムンク美術館の最寄り駅に到着。

(OA0124)
OA0124.jpg


(OA0125)
OA0125.jpg

ここから先は、次回に。

関連記事
【ジャンル】:海外情報 【テーマ】:ヨーロッパ
コメント(2)

管理者のみに表示する