2017-09-30 11:38 | カテゴリ:1/32モデル

窓枠の塗装と展示用台への電源部組み込みを行って、一応完成となりました。

まずは完成したフライングサブの雄姿を!

FS2100.jpg



製作ですが、ボディーの黄色塗装は完了していますので、FSのポイントであるフィンの青色塗装を済ませます。

(FS2101)
FS2101.jpg



(FS2102)
FS2102.jpg


続きは、、、、


続いて、窓枠に黒を吹きました。

(FS2103)
FS2103.jpg


(FS2104)
FS2104.jpg

窓枠の部分を上下ボディーの合わせ目まで広げて、合わせ目を目立たせないようにするか悩みました。
しかし、今回は、プラパテではすぐに欠けてしまい、結局合わせ目はそのままで、パネルラインとして生かす方向にしました。

(FS2105)
FS2105.jpg

これでボディーの基本塗装が出来ました。
組み立て後に汚しを入れていきます。

次に、給電ですが、本体にはスペースがないので、展示スタンドに電池を入れて、接点で給電する事にしました。
余っていた真ちゅうパーツを利用して、下側の吸水口のパーツを加工して、接点を付けました。

(FS2106)
FS2106.jpg

(FS2107)
FS2107.jpg

(FS2108)
FS2108.jpg

(FS2109)
FS2109.jpg

裏側にこんな感じで取り付けます。

(FS2110)
FS2110.jpg

続いて展示スタンドに電源(単三x4)とSWを付けました。

(FS2111)
FS2111.jpg

(FS2112)
FS2112.jpg

(FS2113)
FS2113.jpg

じつは、この展示台には、特別なGPS受信機を内蔵させましたので、フライングサブの現在位置が、スタンドの世界地図に赤色LEDで表示されます。(笑)

(FS2125)
FS2125.jpg

さて、これでほぼ出来ましたので、電子回路を順次本体に設置し、上下のボディーを組み上げました。


(FS2114)
FS2114.jpg

(FS2115)
FS2115.jpg

(FS2116)
FS2116.jpg

(FS2117)
FS2117.jpg

(FS2118)
FS2118.jpg

(FS2119)
FS2119.jpg


で、やっと完成しました!!!
7月以来、三か月。
自分ではここまでの複雑な電飾やギミックを仕込んだプラモは初めてでした。
なんとか完成にこぎつけられて良かったです。

(FS2120)
FS2120.jpg


(FS2121)
FS2121.jpg


(FS2122)
FS2122.jpg


(FS2123)
FS2123.jpg


(FS2124)
FS2124.jpg


ただいま、ビデオを鋭意製作中です。
少々お待ちください。





関連記事

管理者のみに表示する