2017-07-14 23:17 | カテゴリ:番外編

ちょうど使い始めて1年が経過した、格安携帯の電池の持ちが若干低下して、一日半くらいの動作になってきました。
バッテリーの交換を視野に入れて、ちょっと調べてみました。

使用している携帯は、マイネオ(格安キャリアー)で、機種は京セラのOEMで「Luce」というアンドロイドです。
去年の購入時点で、お買い得の普及機種で、けっこう割引で購入しました。
モデルとしては当時の最新の機種ではないと思います。

(Mineo01)
KC01.jpg


この機種では、裏蓋を手でパチンと外して、リチュームイオン電池やSIMカードなどをユーザが交換できます。
電池を見ると、
型番が「KCBAT001」となっています。京セラバッテリー001とでも言いたげ(笑)

で、ネットで検索しました。
驚きですが、全くヒットしません。
OEM機種のバッテリーだからでしょうか。

仕方がないので、まずは京セラのサポートにメール。
予想通り、「マイネオ向けの製品なのでマイネオで聞いてね!」のご返事をいただきました。

で、マイネオのサポートに電話しました。
「バッテリーは販売していません」
バッテリー交換は修理の一環として、携帯を一旦預かって、京セラに送ってバッテリー交換と点検をする」
とのことでした。

で、お値段は「約16,000円」!

えーっ??

聞き間違いかと思いました。
本体交換修理位の値段です。
もともと、このLuceは、毎月1、200円位の24か月分割で購入しているのですが、購入時に8,000円の値引きキャンペーンがあって、実質2万円くらいなのです。

更に、いろいろ調べると、同じ京セラの製品のDIGNO T302KC用電池パックバッテリーLB08KCが、全く同じ規格で、転用できる記事がありました。

で、ヤフオクで見つけて注文しました。
一個、1、600円でした!!
家内の分と2個注文しました。

KC02.jpg

早速充電したうえで、60%まで放電させて、保管しておきます。

蛇足ですが、マイネオのサポートに電話して、バッテリー交換が15,000円なんて、非常識なことをしていると、お客が離れるよ!と忠告しておきました。(笑)

管理者のみに表示する