2014-05-23 13:06 | カテゴリ:1/20モデル
(2)
エンジンのスロットルプレートは、金属製のエアファネルカバーが付属し、リアルな雰囲気です。

2-Parts1.jpg

2-Parts2.jpg

2-Parts3.jpg

2-parts4.jpg

2-Complete.jpg

ここまでは、さっくり、問題なく進んでいます。

(3)
いきなり難関到来。この排気管の集合体の組立接着は、車種にもよりますが、私には結構難しい部分です。
このキットも4本の排気管を三次元空間で組み合わせて、集合部品に接着する「技有り」の部分です。
排気管を集合部品に接着後、サフを吹いた後に半つや消し黒でスプレー塗装してエンジンに取り付けたいので、「空中」でマフラー4本を集合部品に接着しなければなりません。
おまけに、この4本の排気管は似た形状で、ランナーから切り離してしまうと何が何だかわかりません。
悩んだ挙句に、排気管のエンジン取り付け部の位置と、集合部品への取
り付け位置をエンジンの各シリンダー位置の違い(4気筒の順番)で区別できることを知って、まずは部品の認識を行い、その後、真ん中の3気筒目から、集合部品に瞬着で着けて、あとは順番に4本をまとめていきます。
なかなか大変ですが、落ち着いて、、、
その後、サフを吹いて整形して、半艶黒を吹いていきました。

3-Parts1.jpg

3-Parts2.jpg

3-Parts3.jpg

3-Cpmplete.jpg

というわけで、難関も何とかクリアーしました。

説明書を見ると、完成時には、このエアーインテークを覆ってしまうカバーもパーツがあって、どちらか選択して組み立てるようですが、ここまで金属パーツを使って、完成後は見られないというのも、もったいないですから、カバーは「無し」ということで。

管理者のみに表示する