2016-10-25 22:01 | カテゴリ:コンピュータ

先日、夕方にデスクトップPCを立ち上げようとしたら、HDDが読めません、とのエラーが。
数か月前に、使用中に何度がフリーズになり、温度暴走かと思い内部の埃をとって、使っていました。
念のため、1TBのHDDも購入して、使い始めていましたが、やっぱり寿命だったみたいです。
PCに付いていたHDD(日立製)で、2010年9月購入でした。

そこで、HDDを交換して、フォーマットもして、1TBをすべてCドライブに設定し、WIN10のインストールディスク(DVD:後述)でWIN10のクリーンインストールを試みました。
結果は、失敗。
WIN10をインストールするパーティションが見つからない、とか、作成できないとかのエラーで、先に進めません。

次に、手持ちのWIN7の正式DVDから、WIN7をクリーンインストール。
これは、うまくいきました。
その後、すぐにWIN10のインストール(バージョンアップ)を行いました。

プロダクトキーの入力を求められましたが、「以前にWIN10を使用していた」を選択して、キーの入力をパス。
そのまま、インストールは順調に進みました。

結局、WIN10が使用できるように。

これは、後から、「代金を払わないと使わせないぞ!」と、言われるかと思い、WIN10のインストール情報を確認したら、「認証済」になっていました。

Win10.jpg

今思えば、最初にいきなりWIN10のクリーンインストールをした際に失敗したのは、ひょっとしたら、LANケーブルを抜いていたので、オンライン認証確認ができなかったせいかもしれません。(HDDを外すのにLANゲーブルが邪魔だったので)
そうなら、いきなりWIN10にした方が簡単です。

そうそう、一番大切なことを忘れていました。
WIN10にされたなら、マイクロソフトのWEBから、WIN10のインストールメディアの作成をして、USBかDVDを作成しておくのを忘れないようにしてください。
これが無ければ、WIN10の再インストールはできません。


管理者のみに表示する