2016-10-06 17:00 | カテゴリ:1/24モデル
ずいぶん前に購入して、「ソウルレッド」の発色をテストしたきりで、そのままになっていました、新型ロードスター製作を始めました。

LS01.jpg


続きはこちらで、、、、



新型ロードスターは、「ソウルレッド色」の発色が塗装方法によってどの程度違うかを確認したくて、購入しました(笑)
実際は、「メタリックレッド」と「メタリック塗装+クリアレッド塗装」の比較になりました。
想像以上に、後者の発色がよかったので、今回はこの方法で行きます。

キットは、部品点数がかなり少ないです。
エンジンがありません。
その代わり、女性ドライバーが付いています(笑)

ボンネットが開閉しないので、エンジンが無いのでしょうが、その分工作はシンプルです。
製作は、ブレーキと前後のサスペンションと駆動シャフトから始まります。

LS04.jpg

LS05.jpg

LS06.jpg

LS07.jpg

LS08.jpg

LS09.jpg

LS10.jpg

ここまでは多少の塗り分けもありましたが、スムースに。
サスペンションスプリングがこの時点では、一点で接着されていますので、これをシャーシに取り付ける際に、ちゃんと位置が合うのか心配です。

シャーシフレームは、グレイ系二色と艶消し黒で、複雑な塗り分けを指示されます。
細かく切ったマスキングテープをちまちま貼って、何とか塗り分けました。

LS11.jpg

LS12.jpg

LS14.jpg

室内側は、ほとんど隠れてしまいますが、念のため艶消し黒を吹き付けています。

LS15.jpg


ここに完成したシャーシを

LS13.jpg


取り付けます。

LS17.jpg


なんとなく雰囲気が出てきました。
更に、マフラーシステムを付けます。

チタンゴールド色の指定でしたが、ラッカー系の手持ちがなく、ゴールドにシルバー・メタリックを少し混ぜました。

LS18.jpg


ちょっと金色っぽくなりすぎました。

LS19.jpg


そういえば、「007ゴールドフィンガー」では、金塊を溶かして車の部品に鋳造して密輸するというのがありましたが、そんな雰囲気満載です。(笑)

タイヤもホイールに塗装した後に取り付けました。

LS22.jpg

LS21.jpg


その他のパーツも付けて、下回りはできました。

LS23.jpg

LS24.jpg


前にも書きましたが、エンジンが無いので、この車はエンジン部分が空洞です。
走りません(笑)

ところで、サスペンションスプリングが、取り付け位置にちゃんと合ったかどうか??
答えは、ばっちりでした。
さすがにタミヤさんの設計と成形は素晴らしいです。

これからいよいよ内装です。


管理者のみに表示する