2016-08-03 15:04 | カテゴリ:最近のプラモデルは良くできてます

今回のメタリックカラーの吹き付け塗装テストに関してですが、実は、このプラモデルを購入しているのですが、

packagelarge.jpg

ボディーカラーをちゃんと発色させることができるか?
どんな塗料で塗装すればよいか?
を検討する目的がありました。

この色は、マイカーのアクセラと同じ「ソウルレッド色」ですが、タミヤカラーでは、ピュアメタリックレッドとなっています。
以前製作した、マクラーレンにも同じ、メタリックレッドを塗装したのですが、悪くはないのですが、どう見ても実車の色とは違います。
メタリックの反射や、赤色の感じが全く異なります。

そこで、WEBで調べて、実車と同じように、メタリック層、クリアカラー(赤)層、クリア層となるように、塗装してみて、従来のメタリックレッドとの比較をしたかったのです。

結果は、なかなか良好で、満足しています。
タミヤさんのHPにある、ロードスターの写真を見ると、考えていた以上にメタリックの粒子が荒く、拡大してみると全く違います。

large3.jpg

この写真の「メタリックレッド」は、メタリックの粒子が荒くて、いただけません。

自分がテストした、「クリアレッド」を使用した塗装の方が、実写により近く見えます。

8Comp1F.jpg

左が、メタリックレッド法、右が、クリアレッド法です。
拡大するとよくわかります。

というわけで、ネタバレですが、次回のプラモは、マツダの新ロードスターです。
製作開始は、まだ先になりそうです。




管理者のみに表示する