2016-07-02 23:07 | カテゴリ:コンピュータ

あれほど、うっとうしく、嫌っていた、WIN10のアップグレードをしました。


きっかけは、ニュースで、この8月に、WIN10がさらにバージョンアップされて、それも無料らしい、という事を知ったからです。
まー、いやしい根性ですが。

PCは、デスクトップとノートの2機あります。いずれもMOUSEコンピュータの製品です。
特に高級でもなく、かといって、低級でもなく、普通のPCです。
デスクトップは、5年ほど前にVISTAの時代に、XPで購入し、その後、WIN7にしています。
ノートは、3年前の購入時からWIN7です。
まずは、ノートPCから。

無線LAN経由ですが、夜寝る前にアップグレードするように指定して、朝には、「無事完了」していました。
気になっていた使用中のプログラムも今のところちゃんと動いています。
体感的には、速度や、レスポンスは、当然ですが、変わりません。
起動時の画面が変わった程度で、通常のデスクトップはほとんど変化なく、今まで通り使用できますが、メインメニューが変わったので、慣れるまでは戸惑います。

立ち上げ画面がこちら

Win01.jpg

今のところ、問題なく使えています。
通常のデスクトップがこんな感じ

Win02.jpg

そこで、デスクトップの方をアップグレード。
で、問題が。

* 例のPICのプログラムを書き込む際に使用していた、シリアル=USB変換アダプターが認識されません。
* PC内蔵のDVDドライブが認識されません。

まずは、ネットでチェック。

シリアルUSBケーブルは、ドライバーをマニュアルで最新のものではなく、最古の2005年ころの物にしたら、動作しました。
古いほうが良いなんて、変ですね。

続いて、DVDドライブの認識ですが、これもネットで調べると、MOUSEコンピュータで同様の問題が発生している方の対策で、PC内部のシリアルATA(SATA)の接続ポートを変更するとOKというのがあり、その通りしたら、解決しました。(ラッキー)

という事で、PICのプログラムの作成をして、PICライターを繋いでみましたが、「おや?」例のシリアルUSB変換ケーブルを認識しません。
また、ドライバーを確認していると、それどころか、PCが問題検出で、再起動に。

やはり、古いソフトはダメみたいです。

仕方がないので、ネットで、WIN10対応のシリアルUSB変換ケーブルを注文しました。
これです。
Ugreen USB シリアル変換ケーブル USB-RS232 DB9ピン変換アダプタこれは、1000円もしません。

001.jpg

先ほど、ケーブルが届きました。
WIN10のドライバーが付属するかと思いましたが、WIN8の小さなCDがついていました。
まずは、何もしなくてどうかなぁ?とおもいつつ、USBに差し込み、RS232機器(PICライターですが)に繋いだら、あっさり動作しました。
私のWIN10の環境では、ドライバーをインストールする必要はありませんでした。

というわけで、一気にWIN10の環境になりました。
WIN7との比較ですが、PCの起動時間やプログラムの立ち上げ時間が、気持ち若干早くなった気がします。

そうこうしていたら、ノートPCの内蔵WiFiモジュールの調子がよくありません。
半年くらい前から、時々、ネット接続が切断されることがあり、その都度、LANのルーター(親機)の方を再立ち上げして、事なきを得ていましたが、どうもノートPC側の受信機能に問題があったようです。
完全に故障する前に対応しようと、ネットで調べたら、最近ではUSBに差し込むWiFiモジュールがありました。

しかも、なんと900円以下!
エレコム ELECOM
WDC-150SU2MBK [無線LAN子機 11n/g/b 150Mbps USB2.0用 ブラック]

002.jpg

早速、ヨドバシカメラさんの通販で申し込みました。
驚くべき時代になりました。
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:ホビー・おもちゃ
コメント(4)

管理者のみに表示する