2016-05-13 23:00 | カテゴリ:最近のプラモデルは良くできてます
ちょっと一息

陸上自衛隊 機動戦闘車プロトタイプ)を製作しました。

これは、アオシマ製品の1/72キットで、陸自のプロトタイプ8輪機動戦闘車です。
戦車のキャタピラーの代わりに、8輪のタイヤを装着した様な車両です。
先日、ヨドバシカメラの通販サイトで、見つけて、迷彩塗装の練習用として、手軽なので注文しました。

s1.jpg

到着して開梱しました。

s2.jpg

さすがに1/72キットだけあって、小さいのなんの。
部品もほんの少しの、申し訳程度です。
DD51の小ランナー一つ分もありません。

s3.jpg

と言うわけで、さくっと組み立てました。
塗装の関係があるので、車輪や一部のパーツは取り付けていません。

s4.jpg

s5.jpg

s6.jpg

車輪ですが、ブロックパターンも綺麗に表現されていて、塗装するとかなり実感的です。
もちろん、プラ成型です。

s7.jpg

s8.jpg

グレーのサフをサッと吹いて下地にして、その上から、自衛隊色のグリーンを全体に吹き、後から同じく茶色を吹いて迷彩塗装の基本塗装をしました。
自衛隊塗装のカラーは専用色が販売されていますが、手持ちのラッカーで調色しました。
なかなか難しいですね。
この才能が無いことに気づきました。
「なんちゃって自衛隊色」です。

s9.jpg

s10.jpg

デカールを貼って、保護塗装した上で、いよいよ汚しです。
墨入れした後で、フラットアース色、パフ色、などで、砂埃感を出したつもりです。
どちらかと言うと、富士山麓の演習地の色というよりは、砂漠乾燥地帯での演習試験走行の後、という感じです。

このキットは、車輪を操舵すると、車体が遠心力で沈み込むようなギミックがあって、前輪を切り込んだ状態が、とても躍動感があって、好きです。
完成写真でそんな雰囲気が感じていただければ幸いです。

s11.jpg

s12.jpg

s13.jpg

s14.jpg

s15.jpg

s16.jpg

s17.jpg

s18.jpg


管理者のみに表示する