2016-05-02 18:24 | カテゴリ:コンピュータ
恐らく、このブログをごらんの方々のPC(Win10でなければ)にも、頻繁にWin10へのバージョンアップのメッセージが出ていることと思います。
わたしのPCは、2台ともWin7です。
昨年まで、WinXPでしたが、サポート終了で、Win7を購入しました。(Win8はあまり評判がよくなかったのでWin7にしました)

ここ数ヶ月、消しても消してもWin10へのバージョンアップのポップアップが出てきます。
先日は、強制的にバージョンアップする様なメッセージが出て、キャンセルできませんでした。
あわてて、ネットで調べたら、しばらくの間、このポップアップを出さない方法が紹介されていましたので、その操作を行い、アップグレードを避けることが出来ました。

なぜWin10にしないのかですって?

古いプログラムもあって、今のWin7でも、上手く終了できなかったりしていて、Win10バージョンアップスキャンで、互換性が無いプログラムがあると言われて、出来ないようでした。

温和な私ですが、このMSによるWin10の強制バージョンアップ(押し付け)は、非常に不快です。
バージョンアップの希望が無いのに、何度も何度もしつこくメッセージが出ます。

今日は、頭に来たので、MSのサポートで電話しました。
Win10のバージョンアップの電話先だと、Web紹介参照に廻されてしまったので、製品購入の電話に掛けて、思いっきり嫌味を言って、二度とバージョンアップのメッセージが出ないようにPCを変更する方法を聞きました。

同じような問題をお持ちの方のために、ご紹介します。

1)下記のアドレスをインターネットで表示します。

aka.ms/w10hus

MSwin10-1.png



2)ここに記載されている手順で、お手元のPCのレジストリーを書き換えるようです。
  一部、管理者権限で、コマンドプロンプトから長いコマンドを打ち込まなければなりませんが、無事、完了しました。

おかげで、30分くらいの時間を無駄にしました。
こんなのってMSからの「威力業務妨害」ですよね。

管理者のみに表示する