2016-04-28 23:00 | カテゴリ:最近のプラモデルは良くできてます

じゃじゃーん!

やっと完成しました。
その前に、なかなか思うような排気のスス汚れの表現ができ無かった天井部の汚しも、何とか思うような表現に出来ました。
最初は、エナメルつや消し黒を薄く溶いて、筆でちょんちょんして、その後、タミヤのパウダーの黒色を付属の筆で塗ってみましたが、どうも上手くありません。
排気口の周りにちょっと厚めにパウダーを乗せてみました

が、希望するイメージには程遠い状態です。

D135.jpg

お手本にしたのはこの写真です。

D133.jpg

その後、思い切って、エナメル塗料を薄めに溶いて、エアブラシで吹いてみました。
30cm以上離して、少しづつ吹いて、駅誰しない程度で、一度乾燥させて、二度吹きしました。
結果、なかなか良い感じになりました。

D137.jpg


厚めに乗せたパウダーが積もったススの様な感じになって、また、天井も全体的にほぼ均一に仕上がりました。
同じように、エンジンのクランク室のガス抜き管付近(エンジンボンネット付近)は、含まれるオイル成分で、やはり汚れるようで、スス汚れとオイル汚れの違いを表現できればと思って、トライしてみましたが、多少雰囲気は出せたかと思います。

D136.jpg

というところで、完成写真のギャラリーをごらん頂ければ幸いです。
ビデオはこれから撮影します。

F1.jpg

F2.jpg

F3.jpg

F4.jpg

F5.jpg

F6.jpg

F7.jpg

F8.jpg

F9.jpg

F10.jpg


管理者のみに表示する