2016-03-30 16:30 | カテゴリ:最近のプラモデルは良くできてます
細かい作業で、なかなかはかどりません。
車体のメインフレームの製作に入りました。
フレームは、実に細かなパイピングの表現もされていて、実感があります。

D59.jpg


薄いメインの床板に二本の枠材を固定して強度を確保していく構造です。
この枠材には、ブレーキ関連のパイピングも取り付けることになっていて、結構細く長いパーツを注意して捕り手家定期増す。
これが終われば一気につや消し黒で塗装して、メインフレームが形になります。

で、説明書をさらに読み進んでいくと、「普通色」で塗装する場合には、このメインフレームの枠の一部分と周りのステップ部分を白とグレーに塗装する必要があるみたいです。
あわててWEBで写真を確認するとその通りです。
もう、つや消し黒で塗ってしまいました。(笑)

仕方が無いので、該当する部分の塗料をシンナーをしみこませた綿棒で取り除いて、全面的にマスキングを行い、白とグレーに塗り分けました。
まったくの二度手間でした。

D60.jpg

D61.jpg

D62.jpg

D63.jpg


ここに連結器を取り付けて、やっと出来上がりました。


もう一つ忘れ物していました。キャビンの下の収納部分に扉のロックボタンを取り付けないで、オレンジを塗装していました。
このロック部分は爪楊枝の先端くらいの大きさで、しかも回転のロック方向が分かる様に白でしるしをつける指示です。

D55.jpg


また、オレンジ塗装して、乾燥後に白色を差しました。

続いて、屋根も製作。
ここには警笛がつきます。真ちゅう製なので金色に塗装。

D54.jpg


屋根はグレーに塗装します。

D56.jpg

ついでに、キャビンとその他のボディー部分がどんな感じにフレームに乗っかるのかを確認しておきました。

D57.jpg

D58.jpg

さて、次のプロセスなんですが、メインフレームの上部、胴体部分のカバーとその内部の製作になります。
ここは、単なるカバーだけでなく、内部のラジエターや冷却水タンクなどが再現されています。
その為、塗装は、外部だけでなく内部の塗装もしなければならず、かなりの手間ひまがかかりそうです。
内部は、薄緑色の塗装で統一されていますので、同色の部品を説明書から見つけ出して、ついでに同じ色で塗装する事にしました、

部品は、グレー色と青色と統一されていませんので、同じうす緑色に塗装すると、元のプラパーツ色の違いで、仕上がり色が異なる恐れがあるので、一旦、グレーのサフを吹いて、その上から、内部色の薄緑色を吹きます。

D64.jpg

とりあえずの薄緑色の部品だけでもこんなにあります。
製作開始から使用していた、満タンのタミヤスプレー缶のグレー色サフがなくなりました。

サフは、厚めの塗装ではなく、サックリと地の青色が隠れる程度に軽く吹きました。
十分乾燥したところで、薄緑色を吹きました。

各パーツをメインフレームに固定します。

D65.jpg


いい感じですが、これでは新品同様の感じですので、汚しを入れました。

D66.jpg

D67.jpg

D68.jpg


油と埃の「汚さ感」が出せたのではないかと。(笑)
調子に乗って、完成しているエンジンとミッションを載せてみました。

D69.jpg



管理者のみに表示する