2015-11-08 22:36 | カテゴリ:1/32モデル
いくつかのチョンボを繰り返し、修正しつつ、15/74まで製作が進みました。
ちょうどコックピット周りと、エンジンのドッキングが完了したところです。
パイロットは搭乗させるのではなく、機の横に立たせるか、無しで行こうと思います。
専用のスタンドも付属していたので、離陸直後の、主脚を格納しつつある所が表現できれば良いかなあとも思いましたが、パイロットが操縦していないのも変なので諦めました。

ちょっと記念撮影。

パイロットは搭乗しないので、シートに装備を取り付けます。

DSC01363.jpg

そのシートをコックピットの基本フレームに取り付けました。

DSC01365.jpg

次に火器の照準器の製作です。
これがまた細かい!!
このメガネの形に塗り分ける所(赤丸)は、間違えて艶あり黒で塗装してしまい、シンナー風呂に入れて脱色し、再度塗装しました。

DSC01366.jpg

こちらの照準(赤丸)も、クリアパーツを二枚45度の角度で取り付け、その上にエッチングパーツを接着する仕組みですが、大変でした。
苦労した照準器も、小さな注意書きのデカールを貼ったら、それらしく見えてきました。

DSC01367.jpg

これらの火器照準器はこちら(赤丸)に取り付けます。
キャノンピーを被せたら、ほとんど解りません(汗)

DSC01368.jpg

で、コックピットとエンジンを合体して、ここは完成です。
電飾していませんが、計器の目盛りが読めます。
よーく目を凝らしてください。(ボディーに入れていないからだと思いますが)

DSC01370.jpg

DSC01371.jpg

ここまでで、全体の15/74まで進みました。


管理者のみに表示する