2015-10-30 18:05 | カテゴリ:1/24モデル
8月初旬から製作していましたが、ようやく完成に至りました。
ライト類の電飾化に多少時間をとられたのと、同時進行のNゲージコントローラのプログラミングにかかっていたりで、3ヶ月も過ぎてしまいました。

電飾は、ようやく扱いに慣れてきたチップLEDを使用し、ポリウレタン線を半田付けして実現しましたが、このポリウレタン線の調達で余り調べないで注文したら、超極細の線が届いて、半田付けや配線の取り回しに苦労しました。
しかし、おかげで、後部から前部へテールライトの配線を引き廻す際に細いパーツの裏を通すことが出来て、良かったです。

ディテールアップに関しては、エンジン上部に細いビニール線でイグニッション配線を行いました。
また、塗装は、薄めの塗料を何回にも分けて吹き付け、仕上げにクリア塗装を何回も行い、ある程度の光沢を出しました。
今回は、墨入れは行っていません。

などなど、で、完成写真がこちらです。
まずは、ライトOFFの写真と、

DSC01328.jpg

ライトONの写真です。

DSC01329.jpg


チップLEDですが、結構光量があり、抵抗は1KΩで十分でした。
あまり明るいとプラパーツを透過して光が漏れるので、このくらいでよかったと思います。

DSC01331.jpg


方向によっては、スモールランプのオレンジ色が、上手く反射して、綺麗です。

DSC01333.jpg


テールランプの光量もちょうど良い感じで、ストップライト周りにも適度に明かりが漏れて、上手く行っています。

DSC01336.jpg


夜間の状態ではこの様になります。
多少オレンジ色が目立ちすぎの感がありますが、スルーします(汗)。

全体像を上から見ますとこんな感じです。

DSC01338.jpg


もうお分かりでしょうか?
すべて、エンジンカウルが開いた状態です。
閉めた状態が再現できないのです。

あの、オレンジ色のイグニッションケーブルを追加したせいで、エンジンの上部のスペースに収まりきらず、エンジンカウルが閉まらなくなってしまったのでした。
たぶんビニル線の太さがオーバースケールだったのでしょう。
1/24でなく、1/12くらいならちょうど良かったのでしょうが。

思い切って、エンジンカウルを支えるステーも瞬着で軽く固定しました。

という事で、随所に不本意なところがありますが、完成しました。

管理者のみに表示する