2015-10-22 22:08 | カテゴリ:未分類
マスコンの操作を組み込みしました

先日、何とか動作したNゲージコントローラですが、マスコンの操作に応じて、加減速度の調整までは出来ていませんでした。
加減速度を調整する為には、VVVFの周波数の上昇(あるいか下降)をマスコンの操作に応じて、ゆっくり行ったり、早く行ったりする様に、内部にカウンターを入れて行うように考えていました。
しかし、この方法では、VVVFの周波数の上昇の差分を加算していく場合に、差分の下限値が災いして、上手く行きませんでした。
そこで、今度は、タイマールーチンをループに差しいれて、マスコンの操作分だけDelayをかけることにして、上手く行きました。

次に、これまでは、マスコン操作を急に行うとスイッチ操作を読み込めず、ハングしてしまうことが時々ありました。
色々検討した結果、「あるマスコンの位置から動くときは、その前か後になるはずなので、それ以外になった時は、この条件に合致するまで、マスコンをもう一度読み出す」という条件設定が、逆に悪さをしていることが分かりました。
つまり、マスコン操作が急で、あるスイッチ位置を読み飛ばした際に、無限ループに陥ることが分かりました。
そこでこの条件文を削除しました。
今のところ、急に操作してもちゃんと読み込んでいます。

ここまで出来れば、後は、LCDディスプレイのメーター以外の表示を見直して、仕上げるだけです。
もう一息。

LCDパネルの計器や表示ランプの配置を再考し、決定しました。

DSC01319.jpg
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:鉄道模型
コメント(2)

管理者のみに表示する