2015-08-24 22:45 | カテゴリ:PIC応用回路
Nゲージコントローラの新規製作を模索しています。

手持ちの機器は、uLCD-43PTと言う機種です。
4.3インチのTFT液晶モデルで、スクリーンにタッチ機能も備わっています。
これを手持ちのアルミのケースに収めました。(汚い配線でお恥ずかしい)

DSC01215.jpg


プログラムの実行は、内蔵されているCOMポート経由でPCに接続し、専用のプログラム開発環境からダウンロードして実行することになります。
また、それ以外にももう一つCOMポートがあり、それを利用して外部機器と接続できます。
そのために、RS232通信ICを取り付けました。

DSC01214.jpg


電源は、外部から5Vを供給します。そのための端子や電源SWを取り付けて、開発環境が出来ました。


プログラム開発中はリセットスタートになりますので、リセットボタンを設けました。
このリセット回路は、端子を単純にGNDに落とすのではなく、TRなどのオープンコレクタ出力でドライブしなければならない仕様になっています。
面倒ですが、その為に、TRとコンデンサー、抵抗で空中配線のリセット回路を追加しました。

DSC01212.jpg


ようやく、これでプログラムの開発が可能になりました。

とりあえず、簡単なデモプログラムを作成してみました。

DSC01219.jpg


予め準備されている「メーターのパーツ」などを画面に貼り付け、大きさや色、メーターのメモリなどを設定すれば、プログラムから制御することが出来ます。


管理者のみに表示する