2015-07-23 15:44 | カテゴリ:PIC応用回路
ポータブルGPS完成です



だいぶ、紆余曲折、混乱と苦悩がありましたが、当初計画した機能のポータブルGPS受信機が完成しました。

機能は、現在位置の緯度、経度の表示(度分まで)、日付と現在時刻(グリニッジ標準時)、移動方位、移動速度、気圧です。
当初は、気温も予定していましたが、気圧センサーに内蔵の温度センサーは、気圧補正用で、温度が直読できないようなので、諦めました。

DSC01126.jpg

DSC01127.jpg

表示は2画面で、初めの画面で、
時間、移動速度(Km/h)、移動方位(上段)
東経、北緯(下段)

DSC01130.jpg

次の画面で
時間、年月日(上段)
気圧 (下段)

DSC01131.jpg

の表示を約2秒毎に切り換え表示します。
本体は市販のプラケースに収納し、上部に電源SWとソフト処理可能なプッシュSW(未使用)を付けました。
表面の丸い穴は、LEDのパイロットランプを導光しようとしてつけましたが、上下の位置を間違えて、ほとんど用をなしません(汗)

電源を入れると、LCDや気圧センサー、GPSセンサーの接続状態を確認して、問題なければ計測データの表示モードに入ります。
経度、緯度表示の右端にある「?」は、GPSのデータが確定していない時に表示され、位置情報が確定すると「*」になります。

また、気圧データのhPsの右の「*」は、10回の移動平均が完了している際に表示されます。
電源を入れた直後は、データが十分無いので、瞬時値を表示しています。その際は、「*」は表示されません。

電源投入から、データ表示の一連のプロセスの動画を撮りましたので、ご参照ください。





管理者のみに表示する