2015-06-22 20:24 | カテゴリ:1/24モデル
一歩ずつ。


メータ部分のコンソールです。
メータは、後部からの照明のため、くりぬきました。
そして、アクリル棒を所定の大きさに合わせて削り、メータ部分にすっぽりとはめ込みました。

DSC00975.jpg

デカールを貼って、メータ部分はこれで完成。
続いて、タイムマシンの年月日を設定するデジタルパネルです。
ここも電飾のために、型取りして、エポキシ樹脂を流し込んで製作しました。
表示用のデカールも自作して、貼り付けました。
非常に小さいので、数字が読みきれませんが、ご愛嬌です。

下側のテンキーも数字が入っているのですが、見えませんねぇー

DSC00979.jpg

続いて、天井部分にあるスイッチボックスとランプ類です。
大きな表示部分はメーターで、デカールが付属しています。
その他の小さなポツポツは、ランプで、この部分もLEDで光らせます。
何色にしようかと考えましたが、オレンジ色のチップLEDにしました。

DSC00976.jpg

このパーツは、運転席の後ろにある、何がしかのパワーを表示するインジケータの様な物かと思います。
ファイバーを埋め込んで、LEDのバー表示みたいにしたかったのですが、いかんせん、スペースと手間の問題で断念。
それらしく、全体を光らせるだけにしました。

DSC00973.jpg

天井パーツにデカールを貼って、ランプ類もオレンジ色一色では寂しいので、アクリルクリアの赤、青、で適当にアレンジしました。

DSC00984.jpg

そして、なんと言っても、このデロリアンのタイムトラベルを可能にした、「フラックスキャパシター」です。
これだけはなんとしても電飾したかったところで、細いファイバーを三角に組み合わせて、それらしく作りました。
裏側は、エンジンルームなのですが、ぎりぎり裏側にファイバーを引き込むことが出来ました。
そこにLEDを仕込む予定です。
かなり、透光率が低く、後ろに超高輝度の黄色LEDを入れないとだめでした。

DSC00980.jpg

DSC00983.jpg

このあとは、座席部分のコックピットとメーター部分、ドアの内張りを組み上げて、いよいよボディーの塗装になる予定です。
その前に、LEDの点灯試験も必要です。

管理者のみに表示する