2015-06-19 21:05 | カテゴリ:1/24モデル
順調に進んでいますが、、、

DSC00963.jpg

ダッシュボードのメータ類や手製の計器を電飾するために、クリアパーツをアクリルの棒から作りました。

DSC00965.jpg

それらをダッシュボードに埋め込んでいけば、電飾もOKです。

DSC00967.jpg

細かなランプ類が多数付いている天井部分の部品は、光ファイバーを埋め込んでも引き回すスペースがありませんので、パーツをエポキシ樹脂を型取りした粘土に流して製作しました。

DSC00968.jpg

出来上がったパーツは、十分にエポキシが硬化してから、リューターで削りだしていく予定です。

DSC00969.jpg

シャーシの底面にある、緑色に発光する10個程の長方形の穴は、苦労して開口させて、そこにエポキシパテを流し込み、ついでに緑色のLEDをエポキシと同時に埋め込んで綺麗に発光させる予定です。

が、しかーし、通電して、LEDが光っても、シャーシの下から見ても全く明るく光りません。
反射材として、アルミテープで、囲ってもです。

どうやら、使用した緑色LEDが年代物で、15mA程度流しても、行灯の様な明るさしかなく、とても電飾に耐えうるものではありませんでした。
テストのときもちょっと暗そうな雰囲気でしたが、電流を流せば良いかなぁ、と心配しませんでしたが、だめでした。

仕方が無いので、早速、秋月さんへ注文。
超高輝度の緑色LEDを手配。

いつも、秋月さんに注文するときは、送料が500円もかかるので、ついでに要りそうな部品もあわせて注文です。
今回は、LCDディスプレイ、ブレッドボード用のシード線、PICライター(Ver4を先日購入しましたが、15VのACアダプターが無いので使えていませんでした)用のACアダプター、などなどを一緒に注文しました。

DSC00970.jpg

はたして、高輝度LEDで上手く行くのかしら?


管理者のみに表示する