2015-06-05 09:08 | カテゴリ:コンピュータ
注文していた、アイオーデータ製のLAN接続型のRAID1ミラー対応の2TBx2ハードディスクシステムが届きました。


ハードディスクの寿命はどのくらいでしょうか?
今回故障したLAN接続型のHDDは、5年以上前に購入したものです。いや、もっと前かもしれません。
深夜に、2-3秒毎に「カーン」という小さな音がするのに、家内が気づいたらしいのですが、それを私に話したのは3日後で、その時点でHDDの内容は既に読み出すことが出来ませんでした。

壊れたものはしょうがないので、後継機種を何にするか、色々検討しました。
条件は、

1)同じような仕様で使うので、同じメーカー(アイオーデータ製)。
2)データ容量は、2TB。
3)今後のデータの喪失に備えて、RAID1が組めること。
4)価格が高くないこと。

などで、HDL2-A4.0RT/E に決定しました。

LANHDD.jpg

アイオーデータのLANHDD


仕様は、私の上記の条件を満足するものですので、価格をWEBで調べました。

実は、HDL2-A4.0RTという型番号のモデルとHDL2-A4.0RT/Eと二種類ありました。
価格をチェックすると、実売価格で、/Eが付いているモデルのほうが、6000円ほど安い様です。
なにがどう違うのか?
スペックは同じです。
仕方が無いので、メーカーのサポート窓口に電話して聞きました。

「/Eが付いているモデルは、販売チャンネルが通販用で、機器は同じもの」だと言うことでした。
最近は、お店で買うよりWEBの通販で購入する機会が多いので、なるほど、と言うことです。
ちなみに、届いた箱は、写真も何も無い、白い箱でした。
まー、中身が同じなら問題ないですが。

早速、RAID1の設定をして、バックアップしてあったデータの復元を開始。
約400GBくらいのデータ(地デジやDVDのデータが多いので)をRAID1のHDDに100BASEのLAN経由で復元するのに、メッセージによると、1日と3時間、かかるようです。


管理者のみに表示する