2015-05-27 10:54 | カテゴリ:PIC応用回路
PICXC8言語の勉強は、一進一退です

初めに製作しようとした。液晶のキャラクター表示パネルが、どうも調子が悪く、別のi2C制御の小型LCDパネルをテストケースとして採用することにしました。
WEBをググッてみると、先人たちがPICを使用したXC8言語で色々なプログラムを発表されています。
大変参考になります。

一方、こちらのPICですが、昔のPICであるため、先人の方々が使用しているPICとは違い、かなり古いモデルのようで、直接的にコピペして、プログラムを勉強することが出来ないようで、コンパイル時に結構なエラーのオンパレードになりました。
仕方が無いので、自分で製作した、アセンブラのプログラムをPICXC8に置き換える形で、C言語でプログラミングしつつ勉強しようと、進めています。

C言語は、まったくの素人で、プログラムを書き始めて、いつまでもエラーが消えないと思ったら、

main()

を記述していませんでした。(汗)

と言うわけで、色々なエラーを乗り越えつつ、とりあえず、LEDピカピカ、まで到達できました!!

やれやれ。



管理者のみに表示する