2015-04-17 13:56 | カテゴリ:自動車
注文していた、ラインテープが届いたので、ボディーに墨入れをしました。

このテープは、模型店のものではなくて、事務用品のコクヨの「ホワイトボード用の罫線テープ」で、幅1mmで、長さは16mもあり、500円そこそこでした。
このスケールだと、若干オーバー気味ですが、遠くからも良く見えるのではないかと、OKとしました。

TFJ05-01.jpg

TFJ05-02.jpg

引き続いて、LEDの配線作業に入りました。
ルーフの5連LEDなどは、+と-をまとめて配線すれば、二本で済みますが、前部のスモールライトはウインカーと共用にして、スモール点灯時は、弱く常時点灯に、ウインカー動作時は、明るく点滅、という仕様にしたいので、配線は、かなり多めになってしまいました。

TFJ05-04.jpg

TFJ05-03.jpg

TFJ05-05.jpg


ウインカーの動作をどのようにするのか悩みましたが、7ch受信機を使っているメリットを活かして、エルロンchでチョンと左右に打つと、それがウインカーの始動のトリガーとし、その後ラダーでステアリングをその方向に切って、ニュートラルに戻るとウインカーは自動でOFFになるようにしたいと考えています。
そうすることで、ハンドルを切ると同時にウインカーが出ると言う、乱暴な運転を避けることが出来ます。
ちゃんと3秒前に指示器を出してから曲がる、これ安全運転の基本です。(汗)

あとは、PWM制御で、テールランプとストップランプの輝度の使い分けと、先ほどの前部スモールとウインカーの使い分けで、面白い動作が期待できそうです。

その分、PICのソフトはかなり複雑になりそうです。

管理者のみに表示する