2015-03-30 21:43 | カテゴリ:PIC応用回路

以前製作した、Nゲージのコントローラを「VVVF」風の制御が可能な仕様に変更しました。

これは、数年前に製作したPIC16F876を使用した、Nゲージ鉄道模型のコントローラです。
ボリュームで電圧を変化させて、それをPICのアナログ入力から読み取り、PWMでパルス変調をかけた電源を供給する使用です。

DSC00813.jpg

DSC00814.jpg

このHWの一部とSWをかなり書き換えて、最近の電車のVVVF風の音が出て、超低速から発進できるコントローラに改良しました。

具体的には、DIPスイッチで、出力波形(矩形波)のパルス波長を決めて、その周期をボリュームで次第に短くしていく回路です。
これで、VVVFの、あのウィーーンという起動時の周波数があがっていく様が表現できました。

ただし、SWを簡略化するために、ある程度周波数が上昇した時点で、回路が切り替わり、再び低い周波数から上昇していくような、高度な再現は出来ていません。

簡単なデモですが、ビデオを参照ください。



コントローラのビデオと実際の走行画面は完全には同期していません。
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:鉄道模型
コメント(2)

管理者のみに表示する