2015-03-23 13:01 | カテゴリ:PIC応用回路
アナログ時計の文字盤のデザインを考えています。

12時がこちらです。

MX02-1.jpg


3時がこんな感じです。

MX02-3.jpg

これだと、ほとんど問題なく時刻が判読できそうです。

MX02-2.jpg

これは、11時59分
長針が1ドット左になっています。
短針も1ドットがまだ
左サイドに残ってます。

MX02-4.jpg

これは、2時59分。
同様に、長針と短針は1どっとづつ左に残りがあります。

参考までに、下記が、11時58分と、その下に11時57分です。

1258.jpg

1257.jpg

この微妙な違いが分かりますかねぇ??
まあ、12時少し前、と言うのが印象でも分かれば良いとします。(汗)

ちなみに、短針は、30分毎にしか変化しません。


管理者のみに表示する