2015-03-07 10:09 | カテゴリ:1/24モデル
いよいよ、ボディーの塗装に入ります。

このマクラーレンは左右にエアーインテークがあります。
その部分はボディーデザイン上、単なる穴が開いているというより、面が重なった、凝ったデザインとなっていて、普通に組み立てた後に吹きつけ塗装すると細部や奥まで塗装できません。
また、フロントフェンダーにもエアー排出口があり、ここも同様に塗装時に問題となります。

MR05-1.jpg

MR05-2.jpg

そこで、裏側に隠れそうな部分を先に塗装して、その後、ボディーに取り付け、合わせて全体を塗装することにしました。

塗装したパーツをボディーに取り付けました。

MR05-3.jpg

その後、ボディーカラーの「メタリックレッド」を軽く吹いて様子見です。

MR05-4.jpg

メタリック色なので、あまり小さな吹きつけ口だと、メタリックパウダーが十分吹き出されないので、ある程度エアーガンのトリガーを引く必要があります。
そうすると塗料が、どっと出ますので、ぼてっとならないように、レべリングシンナーで少し薄めます。
このあたりは、様子見で加減をつかみました。
その為にも、一度にどっと塗ってしまわずに、少しずつ様子を見て塗装しました。

この状態は、2回ほど吹いた後ですが、まだメタリックの艶は出ていません。

MR05-5.jpg

乾燥を待つ間に、排気管も少しと奏しました。

MR05-6.jpg

ここも組み立て後は、リアーウインドーからちらっと見える程度ですので、簡単に。

あとは、ボディーの重ね塗りを進めます。


管理者のみに表示する