2014-11-25 18:02 | カテゴリ:1/24モデル
アルパイン ルノーA110サファリ仕様改造

F16Cが完成しました。
さて、次はどうしようかと、考えています。
先日、ラリー車のモデル「ルノー」を入手していました。そのまま組み立てても、これまでの車モデルと同様で変わり映えしません。

ラリー車ならば、レースに使用されるだけではなく、個人的に車に必要な物を積み込んで、道なき道などを長期間旅をする、という事もありうるわけで、そんな生活感のある、車のシーンを再現できればと、考えました、
したがって、今回は、出来る限り手を加えて、作りこんで行きたいと考えています。
今回は、ピカピカのボディーはありません。(笑)

(1)基本構想

まずは、どんな情景に車を置くかということです。
アイデアとしては、サバンナの草原に車があり、その屋根にはキャリアーがセットされ、その上には、生活品を入れたボストンバックや、木箱、テントや毛布、ガソリンなどが積まれています。
車は、ラリー仕様で、ライトなどは強化されていて、サンルーフも装備というかんじでしょうか。

ちょっと絵を描いてみました。

RE01-1.jpg

RE01-2.jpg

ルーフキャリアーを作って、それに各種の荷物を積み込んで、、、
という感じです。

RE01-3.jpg

サンルールもあればいいので、穴を開けましょう。

RE01-4.jpg


旅行に必要な道具類は、小さな木片や、アルミパイプ、プラ材から自作できそうです。
また、1/24キットにはドライバー人形などは付属していませんので、何か無いかとWEBで探したら、フジミのキットで市販されていました。

RE01-5.jpg


レビュー記事の評価は今一つでした。
他にタミヤのメカニックキットもありましたが、メカニックなので、フジミのキットを早速手配しました。
蛇足ですが、ドライバー人形と共に、レースクイーンも入っているようですが、今回は、彼女の出番はなさそうです。(笑)


はたしてどうなることやら。

管理者のみに表示する