2014-11-17 23:04 | カテゴリ:番外編
ネットワークCDレシーバー M-CR610

自室のオーディオアンプを更新しました。

オーディオは、ちょうど学生のころにブームに乗ってかなり投資しました。
しかし、その後、年月の経過に伴い、ブームも去り、機器もどんどん陳腐化、故障して10年ほど前からは低価格のコンパクトステレオを利用していました。

top.jpg


これは、AIWAのコンポで、カセットからCD,MDの再生が出来る優れもので、音もまずまず。
気に入っていましたが、カセットが壊れ、MDも再生が時々不調になり、電源を切ろうとすると、CDトレイがオープンするというわけの分からない故障が出るようになり、更新を考えていました。
ネットで見てみると、MDの再生が可能なコンポは見当たりません。
もう、MDは市場から消滅したようです。
ならば、MDは、ポータブルの再生機(昔のウォークマンの様な機器)があるので、そこからアナログでAUXにいれればよいので、CD再生とUSBデータ再生が出来る機種ということで探したら、手ごろな価格で評判の良いMARANTZのこの機種がありました。

L_mcr610_f_sg_34.png

AUXも二組あります。

image_spec012.jpg


スピーカーは、二組所有していて、ひとつは、大昔のダイアトーン(DS-500)。当時は2本で7-8万円した小型密封型の18Cmウーファの2Wayシステムです。

ds-500(6).jpg


もうひとつは、数年前に購入したBOSEの小型スピーカー(重低音ユニット付き)で、PCに繋いでいましたが、途中からコンポの貧弱なスピーカーに代えて使用していました。(BOSE ボーズ AM-5 IIIウーファー スピーカーセット Acoustimass )

e1d9c7e1144e022c8478.jpg


このレシーバはスピーカーを二組接続できるので、この点も評価しました。


音は、実際に自分のスピーカーを使用して、自分の部屋で聞かないと評価できませんので、WEBの評価は参考程度に考えました。

実際に、音を出して聞いてみると、CD(SHM-CD仕様)は、はっきりいって、すごく良い音がしました。
今までのCDコンポが2-3万円の安物なので比較にならないかもしれませんが、それでもスピーカーはBOSEやダイヤトーンで聞いていましたので、そこそこの良い音でしたが、このMARANTZは一回り以上、クリアで押し出しの良い音でした。
MDをプレーヤーで再生してAUXから再生しましたが、これは期待以下でした。
同じ音源のCDをMDに録音して比較したのですが、生のCDと比較して、少し迫力というか、音の「押し」が弱く感じました。

今、スピーカーケーブルを注文していて、それが届いたら、ケーブルを交換(今は電源の平行線のケーブル)して、再度評価したいと思います。

【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:オーディオ
コメント(0)

管理者のみに表示する