2014-11-17 21:14 | カテゴリ:1/48モデル
(7)基本塗装続き

機体の塗装がすみました。
キャノンピーをマスキングして、機体色を塗装します。
マスキングテープを全面にしっかりと貼り付け、細いペンで境界部分にしるしを付けてカッターで切り取り、マスキングをします。
しかし、その前に問題が。
キャノンピーの真ん中に成型時の合わせ目がしっかり残っています。
これを取らなければなりません。

F1607-1.jpg


(左が処理前、右が後)

まずは、ヤスリで削った後、400番、1200番、1500番、2000番の紙やすりで仕上げ、最終的には、細め、極細のポリッシャーで磨いておきます。

(8)脚の取り付け

塗装が大体出来たところで、脚とカバーを取り付けます。
これでデカールを貼るために期待を安定させることが出来ました。

F1608-1.jpg

F1608-2.jpg

F1608-3.jpg


(9)デカール

戦闘機ということで、デカールは少ないと思いきや、小さなデカールが山ほどありました。
まずは、大きなところからということで、垂直尾翼の部隊マークなどから始めました。
このデカールは、タミヤ純正です。カルトグラフ社ではありません。
そのせいか、モデルが古いせいか分かりませんが、マークがすぐに破れてしまいます。
大きなマークはまだましですが、細長いものは切れ切れになって、苦労しました。
写真ではマークのエッジが光っていますが、実際はつや消しのトップコートを掛けています。

F1609-1.jpg

F1609-2.jpg

これから、またデカールを大量に貼らねばなりません。(泣)

管理者のみに表示する