2014-09-24 11:20 | カテゴリ:未分類
(5)
ドライブチェーン、スイングアームの塗装と組み立てです。
チェーンも細かい塗装指示があります。

NJ05-1.jpg

NJ05-2.jpg

NJ05-3.jpg

NJ05-4.jpg

つづきはこちらで、、、

(横道)
このあたりで、ボディーカウルの塗装をどうしようかと、デカールをしげしげ眺めて考えました。
このデカールは、サイドとボトムに回り込む、大きなデカールとなっています。
おまけに、サイドのエアーダクトの周りをデカールで囲んで、それを中に折り込むようになっています。
この作業はなかなか大変で、しわになったり、敗れたりする原因です。
何とか、それをしないで済む方法は無いか?
ちょっと考えることにします。

(6)
リヤーダンパーもさくっと組み立てて、塗装します。

NJ06-1.jpg


(7)
組み立てた後輪をスイングアームに取り付けます。

NJ07-1.jpg

NJ07-2.jpg

ここでホイールに細い緑塗装のデカールを貼る指示があります。
これは、時々バイクモデルのホイールに塗装する代わりにデカールで表現するもので、良くあります。
先日は、Ducatiではデカールを貼らないで、塗装しました。
その際はかなり手間取りました。
今度は、デカールに挑戦します。
デカールは円形の塗装表現を1/3に分割して、前後左右の12枚となっています。しかし、1/3といってもかなり細長いデカールをホイールの外輪部に貼って行くのはかなりのチャレンジです。
そこで、私は、1/3を更に半分、つまり1/6周づつ貼って行くことにしました。

NJ07-3.jpg


当然、扱いはその分楽になりますが、ラインの合わせ目の数は倍になるので、その分大変になります。
マークソフターとピンセット、それにカッターの刃先を使って、一枚ずつ貼ります。
これは根気と忍耐。
間に休憩を入れて2時間かかりました(汗)
乾燥後には、保護のために、トップコートのクリアを細筆で塗りました。
一部、緑ラインが微妙に蛇行している箇所がありますが、展示の際はそれをスイングアームの影に隠す予定です。(笑)

NJ07-4.jpg


(8)
完成した後輪とスイングアームをメインフレームに取り付け。
スイングアームに先にデカールを貼ります。
乾燥後に、デカール保護のためにトップコートの艶消しを筆につけて塗りました。

NJ08-1.jpg

NJ08-2.jpg

次は、ラジエータとマフラーです。

管理者のみに表示する