2014-09-07 08:52 | カテゴリ:1/24モデル
(3)マフラー

エンジンブロックに取り付ける部分とマフラー本体をまとめて塗装します。

RFR03-1.jpg

今回は、少しまとめて作業しました。
続きは、、、

今回もシルバーリーフを吹いた後に、熱焼けを表現します。
クリアブルー、クリアイエロー、クリアレッドを薄く解いて、スプレーします。
バイクモデルでは、このマフラーの熱焼けは当たり前のようですが、自動車のエンジンのマフラーは、この様に熱焼けするのでしょうか?
もう、塗ってしまったのですが。

RFR03-2.jpg

(4)マフラー取り付け

出来上がったマフラーをエンジンとシャーシに固定します。
しかしながら相変わらずタミヤさんの部品の加工精度は素晴らしいもので、このマフラーも所定の位置にぴったりとはまって、取り付け角度もぴったりです。

RFR04-1.jpg


(5)ドライブシャフト

マフラーを取り付けたシャーシにドライブシャフトを取り付けます。

RFR05-1.jpg

RFR05-2.jpg


(6)ラジエター

このラジエターは、一部ボディー色を塗装する必要があります。
緑色のボディー色がどの程度発色するか、テストの意味もあって、白色サフを吹いた後に、パークグリーン色を吹いてみました。
発色は、綺麗に出ているようです。

RFR06-1.jpg

ただ、小さな部品にタミヤスプレー缶から吹くとオーバー塗装になってしまうおそれがあります。
この部品は何とかOKでしたが、ラフェラーリはボディーパーツが細分化しているため、一つ一つの部品は以外に小さくなっています。
そこで今回は、缶スプレーの塗料をエアブラシのカップに移して、エアブラシ(細い吹き出し口)で塗装することにします。

RFR06-2.jpg

RFR06-3.jpg

(7)モノコックシャーシ

エンジンを取り付けたメインフレームに、モノコックシャーシを取り付け、基本ボディーが完成します。
ここに、ラジエター等を取り付けていきます。

RFR07-1.jpg

このペダルですが、「穴開け」はしていません。
どっちにしても、見えませんから。
で、薄めたつや消しの黒を入れました。(写真ではわからないでしょうが)

RFR07-2.jpg


ここまででシャーシが完成しました。


管理者のみに表示する