2014-09-02 23:28 | カテゴリ:1/24モデル
タミヤ1/24 ラ・フェラーリの製作

このキットは昨年発売された新しいキットです。
ネットにも多くの制作事例が紹介されています。

RFR00-1.jpg

続きは、こちらで


製作にあたって、何か工夫できないか?とラ・フェラーリでWEB検索していると、緑色に塗装された物を発見しました。
イギリスのポップ・グループ「ジャミロクワイ」のフロントマンであるジェイ・ケイは、多数のスーパーカーを所有するマニアで、グリーンに塗られた「ラ フェラーリ」を所有しているとのこと。
フェラーリといえば「鮮やかな赤色」が特徴ですが、この緑色も素敵です。

images (1)

そこで、今回は、この「特注の緑色」バージョンのラ・フェラーリを製作することに決めました。
塗装は、タミヤの缶スプレーで似たような色を探しましたが、「パークグリーン」がかなり近い発色なのと、エナメル塗料にも同じ色があるので、これで行くことに。
しかし、シートの塗り分けをどうするか?
赤色のバージョンの場合は、シートを赤で塗装し、黒で細いふちどりを施した物ですが、果たして緑のバージョンはどうなっているのかと、WEBで調べてみると、シートは黒で、トリムを緑で施すようです。

images.jpg


黒を吹き付けた後に緑でラインを引いても発色が良くありません。
マスキングをしなければダメでしょう。このあたりも考えなければなりません。


(1)エンジンブロック

早速組み立て開始です。
12気筒エンジンブロックは、フラットアルミ色の塗装していですが、これまでの経験で、アルミシルバー色を吹いた後に、フラットブラックとメタリックグレイを非常に薄く溶いた物で汚しを行います。
ここでは、集合排気ブロックも取り付けますので、マフラー本体と合わせて、塗装していきます。

RFR01-1.jpg

RFR01-2.jpg

こんな感じでスタートしました。

管理者のみに表示する