FC2ブログ
2019-11-15 21:09 | カテゴリ:PIC応用回路


前回の制御ソフトでは、低速から高速まで良い感じでスムースに回転が変化できる様になりました。

しかしながら、最初の出だしの回転速度がまだ早く、もっとゆっくり回転し始める様にできないか、検討してみました。

これまでの制御は、パルス送出の基本タイマーは、最大8.192msecを基準として、これ以下の数値をTMR1にセットして割り込みで周期を決めていました。
よって、一番長い周期でも、1000÷8.192=122パルス/秒

このSMは、200パルスで1回転なので、1秒で半周以上進んでいます。








続きは、、、