FC2ブログ
2018-06-27 13:51 | カテゴリ:PIC応用回路
さて、気を取り直して、「明日になり」、明るい日になりそうです。

PWM発生によるPIN割り込みが「うんともすんとも」言わなかった件ですが、まず、Nゲージ制御の出力を調べました。
出力が出ていません!?!?
前は出ていましたが!

結論から言いますと、PICの内部設定の論理回路(CLC)のPWMがORで出力する部分のもう一方の入力がオープンのまま(設定忘れ)で、ノイズなどの条件でLやHになり、PWM信号がゲートされたりされなかったりしていました。

これで、PWMがちゃんと出ました。(笑)


続きは、、、
2018-06-23 13:46 | カテゴリ:PIC応用回路

昨年に、Nゲージコントローラで、BEMFを利用して低速定速走行を目指し、一定の成果を得られました。

その時は、モーターの逆起電力をAD変換して、モーターの回転速度を推定し、それと指定された速度との差を求めてモーターへのPWMとPFMのフィードバックをかけて制御する方法をとりました。
一定の性能は確認できたのですが、最大の問題点は、BEMFの逆起電力のAD計測で、ノイズなどの影響で、とても高精度の計測がむつかしく、従ってモーター制御も精度良くはできませんでした。

そこで、ちょっと考えていたのが、BEMFを一つではなく、2パルス計測し、その間の時間を計測して速度を推定してはどうかというアイデアです。
モーターに電力パルスを1つ与えます。すると、ローターが少し回転し、コアが2個分磁石を通過すれば、BEMFが2個生成されるはずです。
その時間間隔を計測すれば、モーターの回転数を直接計測できます。
更に、進めれば、ギア比がわかれば、車両の進む距離もわかるはずです。(車輪がスリップしなければ)

なにか面白そうです。

基礎的なデータを知るためにちょっとトライしてみたいと思います。

(NG301-01)
NG301-1.jpg

2018-06-18 21:44 | カテゴリ:PIC応用回路
多数のLEDスロー点滅をテストしています。


前回までに3個のLEDスロー点滅が、なんとか実用的になるところまで来ましたので、LEDの個数を増やして、テストしています。
とりあえず、16個までの点滅にトライします。


いつも使用している「ブレッドボード」に、9個のLEDをセットしました。


(SLEDM2-01)
SLEDM2-01.jpg




続きは、、、
2018-06-15 18:28 | カテゴリ:PIC応用回路

スロー点滅をやるぞー!
と、ぶち上げてしまい、ちょっと怖気づいています。

まずは、SWで処理する為の論理を考えていきます。
可能であれば、以下のような処理フローで実現できると思います。

1)TRR0の割り込み設定で、例えば100usec毎に割り込みをかけ、

2)その割り込み処理ルーチン内で、各LEDの点灯・消灯のDutyや点滅のカウントを取り、

3)それに応じて対応するLEDをON・OFFすれば行けるはずです。

続きは、、、、
2018-06-11 12:35 | カテゴリ:国内旅行


家内のリクエストで、伊勢志摩へ一泊のドライブに出かけました。
梅雨時の「割安日程」をねらって、通常料金では敷居の高い、志摩観光ホテルの古い建物の方に、お手軽料金で予約が取れました。

目的は、伊勢神宮への参拝です。

おかげ横丁を通って、内宮に参拝してきました。
前回は気づかなかったのですが、国道を横断するきれいな地下通路ができていました。
内部は伊勢の歴史がわかる展示風に仕上がっていて、すばらしい通路でした。

(IS01)
IS01.jpg


(IS02)
IS021.jpg

続きは、、、、
2018-06-09 10:00 | カテゴリ:ヘリコプター
私のRCシステムは、「JR:日本遠隔制御」製です。
残念ながら昨年。「撤退」してしまって、新たな無線操縦機器を調達できません。
一部は、別のRCショップが同等品(ほぼ100%同じもの)を販売していますが、昔の「定価に近い」価格ですので、購入はちょっとためらっていました。

最近になって、ブロ友の方が、JR製の送信機と「バインド」可能な、サードパーティー製の受信機を購入され、使用レポートを出されていましたので、さっそく購入してみました。

(RX01)
RX01.jpg

購入先は、例の「AMAZON」だったのですが、結構送料とか馬鹿にならなかったので、他にないかと探したら、香港のRCショップの「HobbyKing」にありました。
国際郵便で発送してもらったら、2500円ほどでした。(JR製は、9000円ほどしますが)
もちろん、信頼性は???ですか(笑)

せっかくですから接続手順をメモしておきます。
使用方法は、パッケージの裏面に書いてあります。

(RX02)
RX02.jpg


(使用方法)下記はJRのXG8の例です。

1)送信機を用意し、バインドメニューを選択して、バインド実行の直前にセットする。

(RX03)
RX03.jpg

(RX04)
RX04.jpg

2)受信機のBattのchにバッテリーをセットする。電源はOFFのままに。(注意)写真は電源が入った状態のものです。

(RX05)
RX05.jpg

3)送信機が7chの場合は、ショートプラグをCh6にセット。その他の送信機の場合は、7chにセットする。(送信機が8Chの場合)
  (注意)写真は電源が入った状態のものです。

(RX06)
RX06.jpg

4)受信機の裏側の小さなタクトSWを付属のプラ製のピンで押さえながら、受信機の電源をONにする。(受信機赤色LED点灯)

(RX07)
RX07.jpg

5)すぐに送信機をバインド実行にする。

(RX08)
RX08.jpg

(RX09)
RX09.jpg

6)数秒後に送信機がバインドタイムアウトのエラーとなるが、受信機の緑LEDが点灯し、バインド完了。

(RX10)
RX10.jpg

(RX11)
RX11.jpg

7)実際にサーボなどを接続し、動作を確認する。


以上でバインドができました。

JR純正品のようなリモートテレメトリー機能はありませんが、電動飛行機などのお手軽機には使えそうです。





2018-06-06 17:50 | カテゴリ:PIC応用回路

以前、PICを使用して、簡単にLEDの点滅制御が出来るように、ソフトを組みました。
ブロ友の方にも使っていただけました。(ありがたいです)

さて、そんな中、最近LEDの電飾で思う事があります。

それは、点滅の仕方です。
LEDは、白熱電球と異なり、電圧をかけると、すぐに応答して点灯、あるいは消灯します。
しかし、白熱電球は、ジワーッと点灯し、ジワーッと消灯します。
車のウィンカーで実感できます。
白熱電球だと、点灯・消灯の際に若干のタイムラグと、明るさの変化を見ることができます。

模型の電飾で、LEDを組み込むと、パッと点灯し、パッと消灯して、趣がありません。
前回のLEDマネージャの点灯はこの様な感じでした。



ちゃんと点滅しているのですが、白熱電球の様な雰囲気ではありません。

この白熱電球の点灯・消灯のタイムラグをPICで表示できないかと、考えてみたいと思います。


続きは、、、、
2018-06-03 21:57 | カテゴリ:進化したRC
お待たせしました!

のんびりRCクラブ日記の「公式ビデオ」アップされましたので、おとどけします。
今回も、おもしろいですよ~
えらいことになっていますよ~

どうぞご笑覧ください。