FC2ブログ
2018-01-28 20:10 | カテゴリ:1/48モデル
模型に帰ってきました。

実は、以前に製作したギミック搭載のDD51(アオシマ製の1/45)を流行りの「メルカリ」に出したら、売れてしまいました。
おかげで部品代は何とか回収できました。(笑)
そこで、何か次作に適当な鉄道関連のプラモは無いかと探していたら、このC11が目につきました。


(C11-0101)
C11-0101.jpg


(C11-0102)
C11-0102.jpg




大型蒸気も興味があったのですが、サイズが大きくなることが気になり、小型蒸気にしました。
このC11は、幼年期を生まれ故郷の名古屋で過ごしていたころに、親に連れられて踏切に見に行った蒸気です。(中央本線の電化以前は、このC11が数両の客車を引いて名古屋の千種駅付近を走っていました。
C11と言う事は、最近調べてわかったのですが、たまたま目について購入しました。



続きは、、、、
2018-01-22 17:35 | カテゴリ:コンピュータ

美咲フォントの使い方で悩んでいます。

「あ」は表示できたのに「日」がエラーとなってしまいました。

原因を探っていきました。

(TH0200)
TH0200.jpg



このフォントのダンプデータを見ていて、ハタと気づきました。


続きは、、、、

2018-01-19 11:36 | カテゴリ:コンピュータ
さて、まずは第一の項目

1)マトリクスLEDを制御しているIC(LEDの基板に乗っている制御IC)からPythonで使えそうな関数を調査。

から始めました。

このICは、「max7219」というICで、SPI通信でデータを受信して、接続されたマトリクスLEDを制御します。
以前、PICでこのLEDを使用した際は、自分でLEDの駆動関数を作成し、SPIでデータを送り出して、点滅させていました。
もし、Pythonでこれが簡単に実現できる「関数」が用意されていれば、便利です。

いろいろ調べてみると

こちらのWEBサイトにその様なライブラリ関数があることがわかりました。

https://pypi.python.org/pypi/max7219

max7219 0.2.3
A library to drive a MAX7219 LED serializer using hardware spidev
(TH0101)
TH0101.jpg


この様な書式で呼び出すと、所定の文字(msgで定義された)を表示します。

show_message(device, msg, fill="white", font=proportional(LCD_FONT), scroll_delay=0)

付属のデモプログラムを実行してみました。

TH0102)
TH0102.jpg

すんなりとでも画面が表示されました。


続きは、、、
2018-01-15 17:45 | カテゴリ:コンピュータ
次は模型にしたいと書いていましたが、、、、


ラズパイの再挑戦で、WEBサイトから天気予報情報を得て、それを音声で発音させるところまで来ました。
といっても、WEBの諸先輩の受け売りなんですが(笑)

しかし、常に喋らせていては騒々しいし、煩わしいので、やはり何とか表示させたいと思いました。

グラフィックのLCDディスプレイに日本語を表示させる事例は、WEBを探したらいくつか見つかりました。
また、PICやこのクラスのCPUでは、ドライブ関数がいくつか開発されている様で、LCDとCPUの組み合わせに合った関数があれば、比較的簡単に日本語表示が出来そうです。

ラズパイでも小型LCDと組み合わせて日本語を表示させることに成功されている諸先輩方がおられます。

「無駄なことをしよう」さんのサイト
http://make-muda.weblike.jp/2015/01/2414/
より引用させていただきました
(TH0001)
TH0001無駄なことをしようさん



「桜87」さんのサイト
https://sakura87.net/archives/2211
より引用させていただきました
(TH0002)
TH0002桜87さんサイト


しかし、これらのLCDは小さなもので、机上で使用するには良いのですが、居間などに設置して離れたところから眺める事には向いていません。

私としては、ある程度大きな、具体的には、先日来使用している赤色のLEDドットマトリクス(32x32)位の表示を実現したいと思っているのですが。


続きは、、、、
2018-01-10 17:21 | カテゴリ:ヘリコプター

2018年 初飛行会を行いました!

当日は、気温こそ低かったのですが、天候に恵まれ、風も弱く、それぞれの機体を飛行させて、楽しい一日を過ごしました。

ある方のシャトルのスタビライザーのリンクロッドが、何故か外れていて、操縦不安定になりましたが、何とか無事着陸。
事なきを得ました。
「審判員」から「レッドフラッグ」緊急着陸の指示が出て、すぐに着陸したのが良かったようです。

もう一機の「電動ゼロ戦」は、残念ながら「指ノーコン」で墜落、小破でした。

会員さんの奥さまが、「ぜんざい」を差し入れていただき、台風倒壊から何とか復活した暖房付きの休憩小屋で、美味しく頂きました。

それでは、「のんびり劇場」をご笑覧ください!!

2018-01-06 14:33 | カテゴリ:コンピュータ

RasPiの勉強を続けています。
インターネットから天気予報を読み出すことができる様で、以前に購入したRasPiの本を見ていたらやり方などが詳しく紹介されていました。

(RP0401)
RP0401.jpg


(RP0402)
RP0402.jpg

これによりますと、LivedoorのサイトにWEBで接続して、特定のコマンドを送信すると、コードで指定した地域の天気予報の概況、向こう三日間の天気と気温をえることができるのです。
ここを利用して、RasPiのプログラムでコマンドデータを送信し、天気データを受信、そのごその受信データを解析して、必要な情報を抜き出して利用できるようです。

今回は、この高度なプログラミングにちょっと挑戦してみようと思います。





続きは、、、、
2018-01-01 00:00 | カテゴリ:番外編

年賀2018年


新年明けましておめでとうございます。

昨年中は、小ブログを訪問いただき、ありがとうございました。

お陰様で、これまで35000を超えるアクセスをいただくことが出来ました。

皆さんにご覧いただくことで、とても励みになり、続けることが出来ました。

これからも模型に、電子工作に、RCに、励んで、皆さんに楽しんでいただけるブログにしていけたらと願っています。

よろしくお願いいたします。

VividHobby