2015-02-28 15:44 | カテゴリ:1/24モデル
ホイールを簡単に塗装しました。
エアブラシで塗装しなくてもいいかな、と思って筆で塗装。
その上から光沢トップコートを吹いたのですが、寒いせいか、ガス圧が弱くて、ちょっとツブツブになってしまいました。
残念!(ギター侍風。最近テレビで見ませんが)

MP02-1.jpg

コックピットとエンジン部分の塗装をしました。

キットのまま、まずは艶消し黒で吹いて、

MP02-2.jpg

次に、マスキングをして、アルミシルバーを吹いて

MP02-3.jpg

で、エンジン部分を艶消し黒で墨入れと汚しを、、

MP02-4.jpg

こんな感じです。

MP02-5.jpg

もっとも、リアーウインドウ取り付け後は、ほとんどエンジンは見えません。
これくらいで十分かと。
2015-02-26 19:00 | カテゴリ:1/24モデル
製作開始はお決まりのブレーキ部分からです。

MP01-4.jpg

このキットにはエッチングパーツが付属していますので、ブレーキディスクも綺麗な輝きが出ています。

MP01-5.jpg

気に入っているボディーです。
左右のエアーインテークは掘り込みが深いので、別パーツを組み合わせてボディーに取り付ける仕組みです。

MP01-6.jpg

MP01-7.jpg

このパーツも4つの部品を組み合わせて成り立っています。

MP01-8.jpg

それを取り付けるとこんな感じになります。
接着は、ボディーカラーを塗装してからになります。

MP01-9.jpg

この安全バーの組み立てにはてこずりました。
いわゆる三次元組み立てになり、手が3-4本必要です。
考えた末、取り付け部分のコックピット部分に仮置きして、バーの接続部分を順次瞬着で固定して組みたてました。

MP01-10.jpg

取り付けるとこんな感じになります。
まだ固定はしていません。

MP01-11.jpg

エンジンは、コックピットの大きなパーツにモールドで表現されています。
これはちょっといただけません。
真上から見るとそれらしく見えますが、横から見ると丸いはずのラジエターホースも細長いかまぼこ型です。(笑)

MP01-12.jpg

しかしながら、このエンジンも、ボディーをかぶせてしまうとリアのウインドーの隙間からちょっと見える程度ですので、エンジンはこの程度の造作でよいのでしょうね。
塗装だけはしっかりやる予定です。
2015-02-25 21:01 | カテゴリ:1/24モデル
SeaKingの製作が完了し、ちょっと一息つきました。
以前にストックしていた車の模型を製作することにしました。

MP01-1.jpg

デザイン的に好きな車です。
FUJIMI製です。エッチングパーツも付属していますが、エンジン部はちょっと、、、

MP01-2.jpg

ボディーのデザインや仕上がりはよさそうです。
早速、製作に。
今回は、組み立てよりボディーの塗装に力を入れて行きたいと思います。

MP01-3.jpg

パーツの数は少ないほうだと思います。

2015-02-23 16:49 | カテゴリ:マイカー遍歴:いろいろ乗りました
アクセラがコメントされている色々なブログサイトを見ていたら、ドアのウェザーモールを見つけました。
「サムライ プロデュース」という会社から各種のインテリア・エクステリアのオプションが販売されていて、その中のドア用のウェザーモールを購入しました。
ピラー部分も含めて、1万円。

もともと、アクセラは窓枠のモールは下半分にしか付いていません。

Before.jpg

アテンザは窓枠すべてに銀色のモールがついています。逆にデミオには全くありません。
このあたりで車格の差別化をしていると思われます。
アクセラも中途半端なモールのままにしないで、これでドレスアップしようと思い、購入しました。

ダンボールにテープで固定されてちゃんと梱包されて到着しました。
曲がりや傷などはありませんでした。

Kit.jpg


また、おまけで強力な両面テープが付いていましたので、万一製品に予め貼ってある両面テープが不十分と思っても安心です。
結果的には、予備のテープを使用することなく、十分しっかりと貼り付けられました。

事前に、取り付け場所で位置を確認し、両面テープの裏紙を少しずつはがしながら貼っていけば綺麗に取り付けられました。

After.jpg

デザイン的にはこれですっきりまとまりました!

なお、製品にはドアのピラー部分のシルバーモールも付いていますが、あまりにも派手になる印象だったので、私は取り付けませんでした。
【ジャンル】:車・バイク 【テーマ】:新車・ニューモデル
コメント(0)
2015-02-19 17:32 | カテゴリ:1/48モデル
SeaKing完成しましたので、撮影ブースで背景を空母の画像にして写真を撮ってみました。

SKF-01.jpg

WEBで空母の甲板の画像、で検索したらちょうど良いものがありました。
小さな画像だったのですが、背景で、ピントも甘くなるので、気にせずにA4二枚の大きさにプリントして
撮影ブースの背景に貼り付けました。

SKF-02.jpg

背景を留めているマスキングテープが写っていました。(汗)

SKF-03.jpg

やはり目線を下にして撮影したほうが良い感じです。

SKF-04.jpg

SKF-05.jpg

SKF-06.jpg

さて、これでSeaKingが完成しました。
ガラスのショーケースに収まりました。

次はどうしようか?_
ちょっと休んで考えます。
2015-02-17 18:38 | カテゴリ:1/48モデル
デカールを貼り終えて、キャノンピーのマスキングを取りました。

SK13-2.jpg

天窓の青いクリアーが雰囲気出しています。

計器版も何とか判読可能です。

SK13-1.jpg

全体にトップコートの艶消しを吹いて、デカールの保護をしました。
多少触っても大丈夫そうですが、油断は禁物です。

SK13-4.jpg

SK13-3.jpg

まだ、窓のマスキングをしたままでした(汗)

これから、ロータを取り付けて、細々した調整をすれば、ようやく完成です。
メインローターは広げた状態ではガラスケースに収まらないことが判明。
後ろにたたんだ状態で固定することにしました。

あとひといき。
2015-02-16 20:23 | カテゴリ:1/48モデル
ようやくデカールの貼り付けが終了しました。
小さなマークを集合させた複雑なデカールは、水で十分湿らさないとスライドできませんが、そうすると弱くなって切れてばかりで大変でした。
あまりに小さなものは「割愛」しました(泣)

SK12-1.jpg

SK12-2.jpg

それでも、全体を見ると十分雰囲気は出てきました。

それから、うっかり塗装を失念していたキャノンピーの上部の中央をボディーと同色の白に、また、同じく左右の天窓をクリアブルーに吹き付けました。

SK12-3.jpg

SK12-4.jpg

塗装が上手く出来てマスキングテープをはがすときに事件が、、、
まだ何もコーティングしていないアメリカ軍のマークの端にマスキングテープが着いてしまい、マークの右1/3が剥がれました!!
ショックです。代わりのマークも無いので、手書きでタッチアップしました。

一枚目の写真の米軍マークの右端が変ですよね?
気づきましたか?

あとは、マークの乾燥を待って、トップコートでコーティングして、細かな部品の取り付けと、メイン、テールローターの工作です。

2015-02-13 22:32 | カテゴリ:1/48モデル
時間が無くて、作業が進みません。
今日は、デカールの大きなものを貼りました。

古いので、なかなか水がなじまず、一つをスライドさせるのに2分くらい水に浸けねばなりません。
お湯ならば早いのでしょうが、加減が分からないので、水で。

SK11-5.jpg

デカールを貼ると、だんだん実機に近づいてきます。

2015-02-10 18:07 | カテゴリ:マイカー遍歴:いろいろ乗りました
1年点検を迎えて
(これはマツダのオーナーボイスに投稿した内容です)

アクセラXDの走行が9000kmほどになり、また一年点検を受けましたのでこれまでの感想などを紹介します。

ディーゼルは初めてで、それまではトラックや商用車のイメージが強く、自家用車で、しかも自分が乗るとは思っていませんでした。
しかし、アクセラのデザインに惹かれ、エンジントルクの魅力で購入しました。
結果は大正解で、大人しく走るのも、パワフルに加速するも気分次第で楽しめます。
また、折からのガソリン価格の高騰時にも軽油と言うことで単価が2割以上安く、しかも燃費が前者の旧アクセラ2Lと比較して50%は向上したので、結果的に燃料コストは大幅に安くなりました。

燃費は、カタログ値は高速道路を100km/時くらいで一定走行すると十分に達成します。購入早々に高速と地道で500kmくらいのドライブをしましたが、総合燃費は20kmを超えました。
通常の近距離街中走行では、13-16kmくらいですが、発進時のアクセル操作がゆっくりでなくなったせいか、街乗りでは最近は燃費が13Kmくらいになりました。
特にディーゼル特有の排気物質燃焼処理中(数百Km走行毎)は燃費が20-30%低下します。(瞬間燃費計上)

皆さんが感じられるとおり、1年たっても飽きの来ないすばらしいデザインだと思います。
唯一、気になっていたところが、窓の枠のシルバーのモールが、下半分だけになっているところでした。
アテンザは上下共にシルバーのモールです。
最近になって、通販で、アクセラ用のモールが販売されていることを知り、早速購入し取り付けました。
このキットでは、ピラー部分もセットになっていますが、自分は窓枠の上部のみ取り付けました。
デザインが更に引き締まって、とても良い印象になりました。
マツコネのコンセプトはすばらしいのですが、未完成だと。
マツコネ全体のメニュー操作が練られていないと思います。操作に煩雑さを感じる所が多々あります。
セットしたUSB音楽再生のモードが、AUTOライトのスイッチの状態で、リセットされたり、記憶されていたり、動作がまちまちです。
ソフトの作りこみと検証が不十分でしょう。
ナビは、ジャイロの感度・精度が低く、始動後にGPSを認識するまでに時間がかかり(5-30分)、また、マップマッチングが機能していないのか、搭載されていないのか、GPS4個以上認識するまで、とんでもない自車位置を表示します。
山中、海上、他人の住宅などお構いなしです(笑)

早期改善を望みます。

(補足)
最近はナビの調子が特に悪くて、神戸市西区の自宅から三宮までドライブした際、45分間ほどの間、ナビがまったく自車位置を正しく認識しませんでした。
GPSの認識が上手くいかなかったのか、その結果をソフト的にジャイロデータから引継ぎが出来なかったのかわかりませんが、ずーっと45分間、とんでもない所を走行していました。(ナビ上)
三宮に到着する頃には、神戸港の海の上を優雅に走行していました(笑)
点検時にナビの基盤ユニットを交換してもらいましたが、その後まだ長距離を乗っていないので、問題が解消されたかは分かりませんが、短距離では始動後数分で自車位置を(正しく)表示します。
始動直後はジャイロの制度が悪いので、道から外れて他人の住宅内を走行しますが(泣)

色々なブログサイトなどでは、ナビのバージョンアップのうわさが流れているようですが、早いところ普通のナビの性能になることを期待しています。
【ジャンル】:車・バイク 【テーマ】:新車・ニューモデル
コメント(0)
2015-02-10 17:54 | カテゴリ:1/48モデル
細かい地味な作業をしていました。

魚雷(?)を胴体に取り付け、、、

SK11-2.jpg

メインギアーを製作して塗装しました。
また、水中探知のソナー(?)の塗装もマスキングして、、、

SK11-1.jpg

胴体の排気口の後部には機体を汚れから守ると思われる黒い塗装部分があります。
デカールを貼るように指示がありましたが、マスキングして黒く塗装しました。

SK11-3.jpg

テールロータ尾部の折れ曲がり部分の黄色も塗装で仕上げました。
まだ完全に乾燥していないので、汚しは後で、、、

SK11-4.jpg

徐々に「らしく」なってきましたが、作業の効率は高くありません。

ガマン、ガマンです。