2014-07-29 23:12 | カテゴリ:1/12モデル
(18)
ここまで来て、ようやく、バイクスタンドの製作です。
前後の車輪が取り付けられたので、バイクスタンドが利用できます。

YMH18-1.jpg
2014-07-27 10:47 | カテゴリ:1/12モデル
(14)
今度は前輪です。
ここでは3回に分けて塗装します。

まずは、金色を吹きます。

YMH14-1.jpg

続きは、こちらで
2014-07-25 14:48 | カテゴリ:ヘリコプター
RCヘリ Bell 222 の製作 : スケールボディーをASIIに取り付け

RCヘリコプターは、昔から趣味として飛行させています。
今回、所有する、JR製 「エアースキッパーII」 (50エンジン)にBell222のスケールボディーを搭載したく、WEBなどをチェックしていました。

JR_AS2.jpg

RC模型通販ショップに良い機体が売り出されています。値段もいいです(泣)
販売価格では、おおむね6万円超の価格(税込)になっています。
あるショップで、このスケールボディーは、FunKey社という会社の製造したものであることを知り、WEBで調べてみました。

FunKey.jpg


連絡先はe-mailしか書いてありません。恐らく、中国か香港の会社化と想像されます。
各種のスケールボディーが色々紹介されています。
希望する、50サイズのBell222もあります。
しかし、価格は表示されていません。
たぶん、模型ショップへの卸専門だからかもしれません。


FK001.jpg


だめもとで、メールで購入できるか? また日本へ送ってくれるかを問い合わせしたところ、OKと。

価格も、製品価格そのものは、約半額です。
日本への送料を考えても、4万円ちょっとで入手できそうです。

支払いに関しては、クレジットカード情報を相手方に渡してしまうことには不安があります。
また、銀行振込では、3-4000円の海外送金て終了がかかってしまうようです。
そうこうしているとRCクラブメンバーから、「PayPal」が便利だとのアドバイスがあり、調べてみました。
クレジットカード情報をPayPalに登録すると、海外商品の売買の間に入ってくれて、支払いを中継してくれるようです。
手数料(為替)も2000円ほどです。
ということで、PayPalで口座を開いた後に、海外メーカーに注文を入れました。
支払いした直後に受け取り確認のメールが来て、初めて、香港の会社だとわかりました。
香港郵便で送付したとの事。WEBでトレースもできました。
無事に着きますように!

18日に支払いしたのですが、22日朝には出荷したとのメールが来て、24日には配達されました。(早い!!)

B222-kit1.jpg

でかい!!

B222-Kit2.jpg
B222-Kit4.jpg
B222-Kit5.jpg


製作にはかなり時間がかかると思いますが、エアースキッパー50へ搭載する過程を順次紹介したいと思います。
【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:ラジコン
コメント(0)
2014-07-24 23:28 | カテゴリ:1/12モデル
(8)
ラジエータの組み立てと塗装です。
アルミシルバーで塗装後に各部に墨入れをします。奥行き感が出ました。

YMH08-1.jpg

YMH08-2.jpg

続きはこちらで
2014-07-23 11:38 | カテゴリ:1/12モデル
(4)
デザインで横道に逸れてしまいましたが、出来上がったエンジンブロックをメインフレームにネジ止めします。

YMH04-1.jpg

引き続き、製作します、、、

2014-07-22 09:49 | カテゴリ:1/12モデル
この時点で、ちょっと不安だったのが、デカールの下地の隠ぺい力です。
白地に貼れば全く問題はないのですが、青地やシルバー地では、デカールの発色が十分なのか不安です。
スプレー缶のキャップでちょっとテストをしました。
やはり、少し、発色が損なわれます。

YMH-Caul9.jpg

続きはこちらで、、、
2014-07-20 20:39 | カテゴリ:1/12モデル
タミヤのバイク YAMAHA YZR-M1 1/12 の製作(カウル製作編3)

カウルのデザインが決まったので、製作に入ります。
デカールは、パワーポイントでデザインができたので、後で印刷してデカールを作成します。
カウルの方は、本来のボディー色の「レーシングブルー」で塗装します。
もちろん、その前に、白色のサフェーサで表面をきれいにし、下塗りの白を軽く吹いてから、レーシングブルーを塗装します。
今回は、缶スプレー色ですが、それを小瓶に取って、エアーブラシで塗装します。
できれば薄く塗装したいので。

YMH-Caul5.jpg


こんな感じで全体的にブルー塗装ができました。

続きはこちらで、、、
2014-07-18 15:21 | カテゴリ:1/12モデル
このモデルは、YAMAHAの2005年モデル。旧モデルを改良し、ミシュラン以外のスポンサーは見当たりません。
ちょっと寂しいです。

ネットをいろいろ見ていると、モデルは異なりますが、同じYAMAHAのRedBullバージョンが目に付きました。
同じブルー系統色で、きれいなモデルです。

yzr.jpg


よし、これで行こう!
と言う事で、YZR-M1の2005年モデルを「Red Bull」仕様にすることにしました。

続きはこちらで、、、

2014-07-16 11:08 | カテゴリ:1/12モデル
ここからは、ボディーのカウル関係に進みます。
というのは、テール周りを先にメインフレームに組み入れる手順だからです。
従って、テールも含めて、カウル全体を先に仕上げなければなりません。

YMH-Fit1.jpg

ところで、このサイドカウルは、エアーインテークの部分が一部別パーツになっているのですが、それの組みつけがぴったり!

YMH-Fit2.jpg
YMH-Fit3.jpg

さすがタミヤさん。子供のころのプラモデルの精度とは比べ物になりません。
もう職人さんが手作業で木型を削り、金型を起こしてプラスティックを成型するという手順は、夢の昔なんでしょうか。

まだ、カウルデザインの検討中です。
2014-07-15 18:13 | カテゴリ:1/12モデル
(2)
メインフレームは、左右のパーツを組み付けてから、半つや消しの黒を吹き付けます。
溶接の跡は、メタリックグレイでちょこっとなぞっておきます。

YMH02-1.jpg

続きはこちらで、、、