2014-06-30 19:14 | カテゴリ:1/12モデル
ようやく完成!!
6月6日の制作開始以来、約3週間。なんとかDucatiが完成しました。
せっかくなので、写真撮影ブースで、一眼デジカメ(古いカメラですが)で撮影しました。

Ducati01.jpg

他の写真は、こちらで、、、、
2014-06-27 18:19 | カテゴリ:1/12モデル
(23)
いよいよ最終アセンブリーです。

DC22-Z1.jpg

続きはこちらで-->
2014-06-26 11:23 | カテゴリ:1/12モデル
(19)
いよいよカウルの塗装です。

DC19-P1.jpg
2014-06-25 19:08 | カテゴリ:1/12モデル
タミヤのバイク DUCATI 1/12製作記(17)(18)

(17)
このあたりから、カウル関連のパーツに進んでいきます。

DC17-Z1.jpg


2014-06-24 18:04 | カテゴリ:1/12モデル
(15)
サイドカバーなどの工作です。
ここもスンナリと。
指定色で塗装後にスライドマークを貼って、それらしくなってきました。

DC15-P1.jpg

続きは、追記のリンクをクリックしてください。
2014-06-23 14:08 | カテゴリ:1/12モデル
(12)
ここからは、出来上がったホイールを取り付けていきます。

後輪を取り付けて、、、

DC12-P1.jpg

続きは、こちらの追記ページへどうぞ。
2014-06-22 11:25 | カテゴリ:1/12モデル
DUCATIの製作は、実際には山場に差し掛かってきました。

ブログの書き方で、ふと気づいたのですが、「本文」と「追記」と分かれていて、ある方のブログでは、「本分」として、そのタイトル的なところを記述し、残りは「追記」に書くと、ブログがダラダラ表示されなくて、見やすいということに今更ながら気づきました。
そこで今回から、このように記述して行きたいと思います。

ということで、DUCATIの製作記(9)(10)(11)です。

(9)
フロントフォークの作成ですが、このサスペンション(ダンパー)はパッケージの写真で見ると金色に美しく輝いています。
手持ちの塗料には、特殊な金属光沢を出すものがありませんので、タミヤ指定の色で我慢です。
それでも、タミヤスプレーワークスを引っ張り出してきて、吹きつけ塗装をしました。
二色の金色を微妙に表現できたと自負しています。(写真でわかるかなぁ??)

DC9-P1.jpg

DC9-P2.jpg

続きは、下の「続きを読むリンク」から、、、
2014-06-20 22:09 | カテゴリ:1/12モデル
(6)(7)(8)
リアブレーキとリアダンパーを組み立てて取り付けます。
コイルスプリングは、金属製なので、塗装前に金属用プライマーをサッと吹いてから指定色を塗ります。
細かなパーツですが、メインフレームの側面を彩る重要なパーツです。

DC6-Z1.jpg

DC7-P1.jpg

DC7-Z1.jpg


これらをメインフレームに取り付ければ更に実感が出てきます。

DC8-Z1.jpg
2014-06-20 08:59 | カテゴリ:1/12モデル
(5)
おおよそ完成してきたメインフレームに、チェーンとスイングアーム、カバーなどを取り付けます。
スイングアームも極小ビスでの固定となり、しっかり取り付けられます。

DC5-P1.jpg
DC5-P2.jpg


これをメインフレームに固定して、後輪の駆動部分が見えてきました。

DC5-P3.jpg
DC5-P4.jpg
2014-06-19 12:59 | カテゴリ:1/20モデル
カメラマン

なんとかカメラマンがそれなりに完成。
肌色は、まずまずの発色だと思いますが、絵心が無いので、顔の造形がよろしくありません。
「夜目遠目」で、何とか、、、、


TM5-Z2.jpg
TM5-Z1.jpg
TM5-Z3.jpg
TM5-Z4.jpg
TM4-ZZ.jpg

DUCATIの製作が遅れているのは、このカメラマンの塗装に時間がかかっているのと、もうひとつ、琵琶湖近くの「三井アウトレット竜王」と近江八幡近くの、有名バームクーヘンのお店に行ってきたからです。
コーヒーとバームクーヘンで、1000円ほどでした。
ふわふわのクーヘンで、おいしかったです。