2014-04-29 14:24 | カテゴリ:国内旅行
伊勢志摩 アクセラでドライブ

アクセラの1000Km点検後の車のチェックも兼ねて、伊勢志摩へ一泊旅行に行ってきました。
行程は、神戸から阪神高速と第二名神を経由して、長島温泉の「なばなの里」を見学した後、ホテルのある鳥羽へ。
一泊後、英虞湾を観光船で遊覧して、その後、伊勢神宮の、外宮、内宮に参拝、津市の有名鰻店で夕食後に帰宅する比較的ゆっくりしたものでした。

「なばなの里」

家内が一度行ってみたいとのリクエストで、訪問しました。
当日は天気もよく、園内は多くの観光客で賑わっていました。
そして何より園内には手入れの行き届いた多くの草花が満開状態でとても美しいところでした。
今の季節は、桜もあちこちに咲いていましたし、何より、見渡す限りにチューリップが咲いていて、正に花の絨毯でした。
チューリップも単に植えてあるというだけではなく、色や品種ごとに綺麗に分け植えられていました。当日は
「ドラえもん」の姿に似せて、植えてあり、展望台から見ると、そこかしこに見つけられました。

sakura.jpg

Turip.jpg

Doraemon.jpg

「ホテル アルティア鳥羽」

ネットで予約して、一人一泊二食付きで18,000円
「伊勢志摩の三大名物、松阪牛、伊勢海老、アワビの懐石料理」

ホテルの宿泊の楽しみは何といっても「食事」ですね。
今回は三大名物を楽しむという目的でしたが、大変満足しました。
夕食は、和風会席でしたが、伊勢海老の刺身(やや小ぶりでしたが)、松阪牛の陶板焼き(A5ランクではなかったと思いますが、それなりに美味しかったです)、そして、アワビのバター焼き(これも少し小ぶり!)
大きさは、宿泊料金に見合った、やや小ぶりではありましたが、大変美味しくいただきました。
写真以外にもいろいろな料理が出されて、満足でした。

また、ホテルの部屋は和洋折衷で、綺麗で清潔な部屋で、海が見える良いロケーションでした。(改装して数年らしいです)
朝食は、和洋のバイキングでしたが、随所に名物が織り込まれていて、海山物や、伊勢うどん、などなど、とても全種類食べられるものではありませんでした。(若ければ、、、)

IseEbi.jpg
Beef.jpg
Awabi.jpg

「賢島 エスパーニャクルーズ 観光船」


以前に関西のテレビで、「たむけん」が視聴者と日帰り旅をする番組があり、それが良さそうだったので行ってみました。
ネットで調べたら、コンビニで事前に「前売り乗船券」が安く買えるとの事で、前日にゲット。
通常、大人1,600円のところ、200円も安く買えました。
船は海賊船を模したもので、比較的大きく、湾内ということもあって、ほとんど揺れませんでした。
天気が良かったので、上部甲板で風に吹かれ、気持ちの良いクルージングでした。

途中、「真珠養殖工場」(ちょっと寂しい所でしたが)に船が立ち寄り、アコヤ貝への核入れ作業のデモを見学。
ご多分にもれず、お土産の真珠製品も販売しています。(数人の観光客が購入していました)

Ship2.jpg

中には、海女さんのいでたちのマネキン人形がありましたが、その姿がちょっと、、、、ドン引きしました。

Ama.jpg

全航海行程は、おおよそ45分間です。
船着場の周りには、海山物のバーベキューを提供しているお店もありますので、時間帯によっては、それを楽しむのも良し、また真珠の老舗のお店を冷やかすのも良し、です。
我々は、伊勢神宮へ向かいました。

「まずは腹ごしらえ:伊勢うどん」

伊勢神宮の外宮は、無料駐車場が広く、幸運にも駐車できました。まずは、腹ごしらえということで、すぐそばの喫茶店に「伊勢うどん」の旗を見つけて昼食に。
いろいろなバラエティーの伊勢うどんがあり、なかなか美味しく、満腹になりました。

Udon.jpg

「伊勢神宮参拝(外宮と内宮)」

外宮も内宮も結構歩きます。特に内宮は、近くの駐車場が満車で、一般駐車場に停めましたが、そこから内宮入口までが、結構な道のりでした。
いわゆる、「おかげ横丁」で、道の両側に数々のお土産店やレストラン、おやつのお店など、ちょっとした物をつまみながら歩くのにちょうど良い小道です。
あの有名な、「赤福本店」もあって、すごい行列です。赤福は帰りに食すことにして先を急ぎます。
内宮入口から進むといろいろな「宮」がお祀りしてあり、それをぐるっと回ると結構な距離に。
外宮と内宮とダブル参拝は疲れました。

Ise_Jingu1.jpg
Ise_Jingu2.jpg

「偶然、駐日大使のケネディーさんと遭遇」

内宮入口に来ると、何やら人だかり。どうも入場を一時止めているようです。
数分すると、あのケネディーさんがお付きの皆さんを引き連れて、にこやかに登場。
この時、ビデオを持っていたので、その様子を撮影しました。この写真は、ビデオからの静止画です。

Kenedy.jpg

「おかげ横丁を散策:赤福餅も戴きました」

参拝で疲れきったところに、おあつらえ向きに赤福の「支店?」。混んでいなかったので、早速、赤福セットを頂きました。
赤福3個に番茶がついて、280円?くらいでした。安い。お腹いっぱい。
ついでに赤福のお土産もここで買いました。
帰り道も、おかげ横丁をぶらぶらして、帰路に付くことに。

DSC00812.jpg

Honten.jpg

Akafuku.jpg

「夕食は、美味しい鰻丼」

最後のイベントは、楽しみにしていた鰻です。
この「新玉亭」は、三重県津市にある昔からのお店で、リーズナブルな価格で、うなぎを思い切り堪能できると評判です。
私は、大昔に仕事で津市に行った際に、ここで「うなぎ定食」を食べて、感動したのを記憶していて、今回の再訪問となりました。
それほど空腹ではありませんでしたので、うなぎ3切れの「中鰻丼」を注文。
三切れといってもひと切れが大きく、ご飯もたっぷり、これで1800円だったと思います。
うなぎは、外側は「カリッと」、中は「ふんわり」、そして、タレは色は濃いのですが、味はサッパリで、とても美味しく頂きました。

ということで、無事、アクセラ1000Km点検記念のドライブは無事に終了。
平均燃費は、20kmでした。

Unagi.jpg

【ジャンル】:旅行 【テーマ】:国内旅行
コメント(0)
2014-04-28 16:35 | カテゴリ:PIC応用回路
下記のファイルを参照してください。
MPLABのIDEにアセンブラのファイルとして読み込んで、アセンブルすれば、PICに書き込めるHEXファイルを生成できます。

PIC_Blog_Drill_001.asm

PIC_Blog_Drill_001.asmのダウンロード

もし、MPLABが無く、とりあえず、PICにプログラムを書き込んで、テストしてみたいという場合は、このリンクをダウンロードしてください。

PIC_Blog_Drill_001.HEXのダウンロード


HEXという拡張子が付いています。
これを、PICに書き込めば動作します。
PICへの書き込みがよくわからない場合は、下記のリンクを参照して、PICライター(PICへのプログラム焼き込みツール)を導入してください。

簡単な回路をアセンブラで制御する(具体的なプログラミング

ここで、MPLABをまだPCにインストールできていない場合は、ここのマイクロチップ社のサイトからダウンロードできます。
また、MPLABの設定方法などは、下記の、電子工作の先輩方のサイトに詳しく記載されていますので、参考にしてください。

参考サイト

趣味の電子工作

趣味の電子工作のサイト

PIC入門->MPLABの使い方へ進んでください

電子工作の実験室

電子工作の実験室のサイト

PICの基礎->MPLAB IDEの使い方へ進んでください

これらのサイトはとても詳しく解説されていて、大変勉強になります。

次回からは、このアセンブラのソースプログラムを一行ずつ見ていきます。

(ご注意)

このプログラムを実行して、スイッチをONにして、黄色、もしくは緑色のLEDが消灯して点灯するまでスイッチを押し続けなければ点灯するLEDを切り替えることはできません。
この理由も説明していく予定です。


【ジャンル】:コンピュータ 【テーマ】:電子工作
コメント(2)
2014-04-25 22:45 | カテゴリ:PIC応用回路
簡単な回路をアセンブラで制御する(動作のフローチャートを決める)

比較的簡単な処理になるようにプログラムのフローチャートを考えていきます。
初期設定を済ませた後に、まずは、赤色LEDを点灯させて、その後スイッチの入力を待つルーチンを設けます。
スイッチが押下されたら、黄色LEDを点灯し、1秒間のソフトループで点灯時間を稼ぎます。
その後、黄色LEDを消灯し、再度1秒のループで時間をとります。
その後、スイッチが押下されたかをチェックし、スイッチが押された場合には、緑色LEDの点滅ルーチンへ分岐します。
スイッチが押下されなかった場合は、黄色LEDの処理ルーチンの初めにもどり、処理を繰り返します。
下記にフローチャートを示します。

この処理でPICの動作そのものは、先に決めた処理仕様は満足しますが、実は、この処理フローにはいくつかの課題がありますが、それは後ほど説明していきます。
では、これに基づいて、早速アセンブラのプログラムを書いていきます。

FlowchartA.jpg



【ジャンル】:コンピュータ 【テーマ】:電子工作
コメント(0)
2014-04-25 20:32 | カテゴリ:PIC応用回路
簡単な回路をアセンブラで制御する(回路を決める)

これらをPICを中心として回路にまとめていきます。
電源SWは省略します。
まず、パイロットランプとしての赤色のLEDをPICのPoertB0に、黄色LEDをPortB1に、緑色LEDをPortB2に接続することにします。
スイッチはプッシュSWとして、PortA0に繋ぎます。
あとは、クリスタルとして、セラロックをクロック端子に、また、リセット端子は、VDD(+5V電源)につないで、おきます。
これらを回路図に示すと下記のようになります。

各LEDは、電流制限抵抗として(LEDの規格によりますが)500-600Ωを直列に入れておきます。
また、プッシュSWは、10KΩで+5vにプルアップしておきます。

これに従って、手持ちのブレッドボードに具体的に回路を組んでいきますが、PICはこの後のデバッグを考慮して、無圧ソケット経由で取り付けます。


Test回路

私はブレッドボードに組み上げてみました。

回路写真

【ジャンル】:コンピュータ 【テーマ】:電子工作
コメント(0)
2014-04-24 18:32 | カテゴリ:PIC応用回路
簡単な回路をアセンブラで制御する(回路とプログラムの仕様)

では、回路とプログラムの仕様を決めていきましょう。
簡単な回路とソフトを前提として、以下のような仕様を考えてみます。

プログラムの仕様としては、

*電源ONで、パイロットランプとしての赤色LEDを点灯させる。(終始点灯)
*プッシュSWを一回押下すると、黄色LEDを一秒毎に点滅させる。
*もう一度プッシュSWを一回押下すると、黄色LEDは消灯して変わりに緑色のLEDが点滅する。
*再度プッシュSWを一回押下すると、上記点滅を反復する


これを実現する為のハード仕様としては、赤色、黄色、緑色の三つのLED、および制御する
PICとしては、基本規格のPIC 16F84Aで十分対応出来ると思います。
その他の電子部品としては、LEDの電流制限抵抗とプッシュSW、およびPICのクロック供給用のセラロック(20mhz)くらいです。
今回は、簡単に組み上げるために、ブレッドボード上に部品を配置して、結線していきます。
回路図はこれから描いて行きます。
回路は簡単ですが、ソフトとしては、スイッチの押下による分岐処理の条件判断、ソフトタイマーのカウント、そして、スイッチの読み取りのポイントなどがあります。
【ジャンル】:コンピュータ 【テーマ】:電子工作
コメント(0)
2014-04-23 22:23 | カテゴリ:PIC応用回路
簡単な回路をアセンブラで制御する

模型を制作するときに、楽しみの一つに電飾があります。
大型の自動車であれば、ヘッドランプやウインカーなど、LEDを組み込んで点滅させるのも楽しいものです。
この様な場合にとても便利なものがあります。
PICです。
PICとは、Peripheral Interface Conrollerの略で、周辺機器制御用のワンチップCPUです。
デジタル入出力端子が複数装備され、簡単に制御できます。
PICには、アナログ入力を扱える機種もあり、とても便利、簡単に回路構成ができます。

PICを使用した電子回路を制御するためには、PICにプログラムを書き込み動作させますが、PICのプログラムは、機械語なので直接プログラミングすることは困難です。
一般的には、「C言語」や「アセンブラ」でプログラミングし、その後、それを専用アプリケーションでPICのメモリーに書き込みます。
私は、パソコンの創世記に開発された、インテルの8008やモトローラの6800ワンチップマイコンの世代で、趣味で6800のアセンブラを勉強して、いろいろなゲームを作成しては楽しんでいました。
もちろん当時のゲームは、今のTVゲームの完成度とはかけ離れた、今思えば子供騙しのようなものでした。
最近では、PICも含めて、チップの性能が非常に向上したため、複雑で高速な動作が可能になりました。
その為には、複雑なプログラミングをする必要がありますので、高級言語と言われる、C言語などでプログラミングすることが生産性を高める為にも多くなっています。
しかし、短時間に高速処理を必要とする動作を記述するには、一部はアセンブラで組む必要もあるようです。

このブログでは、これから簡単なPICの電子回路を作成し、それを制御するプログラムをアセンブラで組んで、動作させる事を目標に進めていきたいと思います。
【ジャンル】:コンピュータ 【テーマ】:電子工作
コメント(2)
2014-04-23 11:48 | カテゴリ:番外編
デジカメの進歩は早い(修理完了?)

先日依頼した一眼レフのデジカメのCCDクリーニングが仕上がってきました。
早速、前回と同じ撮影ブースをセットしてテストです。

イメージをPCで確認すると、、、
おー、以前についていたほこりと言うか、ゴミはきれいに無くなっています。トータルで5-6個あった物が無くなっています。
が、よく見ると、今までになかった新たなゴミらしきものが3時方向に付着しているようです。
AdditionalNoise.jpg
NoiseDots.jpg

むー、これはちょっといけません。
早速、サービスセンターに電話して、再度クリーニングを依頼しました。

早急に確認して対処いただけるようです。

よろしく!!
【ジャンル】:写真 【テーマ】:★カメラ&レンズ・機材
コメント(0)
2014-04-21 22:39 | カテゴリ:マイカー遍歴:いろいろ乗りました
夢の満タン800Km!?


先日の伊勢志摩ドライブのあと、神戸の市街地走行を70-80Kmし、燃料が残りわずかになりました。
メータを確認すると、走行可能距離は79kmを表示しています。
満タン後、これまでに走行した距離は739kmなので、ギリギリまで走行すると仮定すれば、満タン走行距離がなんと800kmとなります。

LeftMile.jpg


これまで旧アクセラやデミオなどを乗り継いできましたが、満タン走行距離は、せいぜい450km。
800kmなんて想像もできませんでした。しかも軽油なので、燃料コストは無鉛ガソリンの2割安。ハイブリッドに迫る燃費だと思います。
ちなみに最終満タン走行の平均燃費は、19.5km/Lでした。

AV_Miles.jpg

新型アクセラの1.5Lガソリンエンジン車の燃費はカタログ上は約20kmですので、XDとあまり変わりません。
パワフル性能のポテンシャルを秘めて、かつ軽油コストで考えれば、XDは、実に魅力的だと思います。
【ジャンル】:車・バイク 【テーマ】:自動車、バイク
コメント(0)
2014-04-19 22:59 | カテゴリ:コンピュータ
Windows XPから7へ移行する

マイクロソフトがWindwsXPのサポートを終了してから、新しくPCを更新する人が大勢いるとニュースで伝えています。
私のXPがインストールされているPCは3年ほど前に購入した物で、そんなに古くありません。
また、元々はWindows7をプレインストールされて販売していたものを、XPで使用したくてOS無しで購入したものなので、Windows7が動作する事は解っていました。
そこで、ネットでWindows7のOSだけを購入して、自分でアップグレードをすることにしました。

色々検索していると、おおよそ9000円程でWindows7のProバージョンが購入できそうで、早速手配しました。
メール便で着いた物は、DVD一枚だけ。あとは、オンラインと電話での登録方法が書かれた紙だけでした。
インストールの方法や、HDDのパーティション、過去のインストール済のソフトの移行方法などは、全くわかりません。

マイクロソフトのWEBサイトで確認してみると、WindowsXPから7へは、残念ながらアップグレードはできないようです。
つまり、最低限、ドライブCはクリーンにして、Windows7をインストールしなければならないようです。
従って、アプリケーションソフトは、7をインストールした後に、個別にインストールする必要があります。
結構、面倒です。
メールは、古いOutLook2000を使用していたので、これまでのメールや、アドレス等をどの様に移行するか?まずはメールソフトも何にするかを決めていかねばなりません。
別途ノートPCとして、2年前にWindows7を搭載した物を購入して使用しており、それにはBecky2のメールソフトを使用していましたので、デスクトップでもそれを使用することに決めました。
これは購入していたので、登録キーを持っています。
あと、アプリソフトとして、これも古いEXCEL2000とWORD2000、PowerPoint2003や、いろいろあります。
問題は、これら古いソフトが7の上でちゃんと動作するかどうかです。
これが動作しないと、OS以外にも、ソフトを更新しなければならず、余計な出費となります(泣)

それでは、早速、Windows7のDVDをセットしてPCの電源を入れます。
注意点は一つ。電源ONにしたら「RETURN」キーを何度か繰り返し押してDVDから立ち上がるようにすることです。
画面に「Boot from CD.....」と出たら成功。
もし、WIndowsXPが通常通り立ち上がってしまったら、再度電源をOFFにして、上記操作を繰り返します。
うまくDVDから立ち上がると
「Windows is loading files ...」
と表示され、DVDから必要なファイルが読み込まれていきます。
(画面のイメージが傾いていますが、ご愛嬌ということで)

a.jpg


これには数分かかります。
その後、
「Starting Windows」
と表示され、その後、Windows7の言語選択の画面になります。

c.jpg


ここで、
「使用する言語は日本語です」
を選択して、「次へ」を押し、その他の項目の、時刻と通貨、入力方式やキーボードを選択します。
私の場合は、デフォルト設定でOKでした。
そして、「次へ」

d.jpg


今すぐインストールを選択すると

e.jpg


次に、インストールの種類を選択する画面が出ます。

i.jpg



注意点は、ここで「アップグレード」ではなく「新規インストール」を選択することです。
前に述べましたように、XPからは、アップグレードで7を導入することはできませんので。
すると、Windowsのインストール場所を選択する画面になります。

j.jpg


ここには、PCに取り付けられているHDDと設定されているパーティションが表示されます。
ディスクが1台なら、ディスク0。2台なら、ディスク0とディスク1。
また、パーティションが設定されていれば、ディスク0パーティション1とか2とかが表示されるはずです。

k.jpg


Windows7が導入される場所は、ディスク0のパーティション1になりますが、
既に、前からのアプリソフトやデータが記録されているディスクやパーティションを残したい場合は、そこにWindowsをインストールしないように注意してください。
私は、2台のディスクを搭載していて、1台目のパーティションは1つにまとめて、2台目のディスクにデータやアプリを入れていたので、それはそのままにして、Windowsは1台目のディスクをフォーマットして、クリーンにしてからインストールすることにします。

l.jpg


m.jpg


あとは、「次へ」を押せば、インストールが始まります。

n.jpg

r.jpg



この作業は少し時間がかかりますが、何かエラーがあるかもしれませんので、PCのまえでしばし待ちます。

s.jpg


これでインストールができて、あとは細かな設定をしていけば完成です。





【ジャンル】:コンピュータ 【テーマ】:Windows
コメント(0)
2014-04-17 14:43 | カテゴリ:マイカー遍歴:いろいろ乗りました
アクセラ AXELA XD 乗っています(伊勢志摩旅行)

アクセラXDも納車から一ヶ月以上経過しました。
先日1000Km点検も終了し、伊勢志摩方面へ家内と長距離ドライブへ行ってきました。

ルートは、阪神高速-第二名神-伊勢道というルートで、立ち寄ったのは、
 * 長島温泉近くの「なばなの里」
 * 鳥羽(宿泊のみ)
 * 賢島遊覧
 * 伊勢神宮(外宮、内宮)参拝
 * 津市の有名鰻店(美味しくて、安くて、ボリュームがあって、それでいて、くどくない)
です。
旅行先の詳細は、別のページにアップする予定です。
有名鰻店にご興味がある方は、少々お待ちください。


総走行距離は、634Km、そして、気になる平均燃費は、なんと20.2Kmでした。
運転は、出だしは、少しセーブして、あとは通常運転。時々、トラックを追い越す際はグッと加速しましたが、平均するとややおとなしい運転だと思います。
途中、往路の第二名神に入った所で工事渋滞に遭遇し、5-6Kmの間、止まったり、のろのろ進んだりの渋滞を30-40分含んでの燃費としては、かなり良いデータでした。

平均燃費


気になったアクセラの課題です。

(車自体)

燃費は期待以上でしたが、この旅行期間中に「瞬間燃費表示が半分程度に下がり、i-stop表示ランプが消灯する」状態が10-15分ありました。

原因は、マニュアルに記載されている、「定期的に自動で実施される燃料噴射量学習」の為だと想像します。
アクセルワークがいつもと違うなぁ、と感じて、メータを見ると上記の状態でした。

新車の期間だけなのか、ずーっとこうなのかわかりません。
実害はなさそうですが、燃費が少し低下するくらいでしょうか。

あとは、ディーゼルのエンジン音ですが、室内騒音は、想像していたよりかなり低く思いました。唯一気になる時は、高速運転中(時速100Km程度)で、しかも低回転(1500-2000回転)時に、ゆるい上り坂の時にアクセルをすこし踏んで、速度を一定に保ちたい場合に、カリカリ音が少しですが気になりました。

(ナビ)

1000Km点検時にマツコネソフトのバージョンアップで新しくなりました、が、まだまだ小学生レベルです。
色いろありますが、既にオーナーのかたが、マツダの公式WEBサイトで報告されていますので、全ては書きませんが、一番困
ったのは、ナビの行き先を選択する際の、施設検索の問題です。

「目的地の施設名」で検索すると、ほとんど「アイテムなし」と表示されます。
神戸から、「なばなの里」を検索しても出ませんでした。
その際は、地域設定で、県と市を入力するようにマニュアルにはありますが、これは全く使えません。

というのは、県外の施設に行きたい場合、おおよその県名は分かっても市名まではすぐにはわかりません。現に、なばなの里は、愛知県か三重県か、また市の名前も不明です。(県境の微妙な位置にあり!)

前車のアクセラのナビは、検索すると施設のリスト一覧がずらっと表示されて、そこから距離順などでソートして目的の場所を簡単に選択できます。

ここは、是非、(追加で)直していただきたいポイントです。
以上、更に磨きをかけて、より素晴らしい車に仕上げてください! マツダさん

おまけ

デザインは、皆さんのコメント通りで、高速道路のSAに停めても人目を引く素晴らしいものです。
当日は晴天で、ソウルレッドの輝く奥深い赤色がとても綺麗で、大変満足しています。

AXELA_sa.jpg
【ジャンル】:旅行 【テーマ】:国内旅行
コメント(2)