FC2ブログ
やっとのことでオスプレイが完成しました。


デモソフトを組んで動画を撮影しました。
このデモソフトで各種の航行灯や、コクピット照明、荷物室照明、ナセル回転、プロップローター用モーターの制御をします。

しかしながら、今回は、例のLEDチカチカのきめ細かい制御が不要なので、せっかく製作した、「ギミックマネージャ・ソフト」を使用するまでも無く、簡単にtmr0による割り込みでの点滅と、PWMの制御だけで組みました。(なんのこっちゃ!)

昼間に撮影を行いましたので、コクピット照明や、荷物室の照明はほとんどわかりませんが、動画をよく見ますと、コクピットの天井付近に光が見えますし、荷物室の窓が薄く光っているのがわかります。(笑)

ともあれ、やっと完成、壊れる前に動画撮影できました(笑)

では、ご笑覧ください。

墨入れとデカール貼りを進めました。


あっ、忘れていたプロップローターの塗装をしておきました。
シルバーの前縁の塗装は面倒ですね。

(OP1001)

OP1001.jpg


(OP1002)

OP1002.jpg



続きは、、、

これから塗装に入ります。

コクピットを取り付けて、マスキングをしたうえで、まずは、シャドーを筆書きで入れていきました。

(OP0901)

OP0901.jpg








続きは、、、、


エンジンナセルに航行灯がつきましたので、いよいよPIC基盤へ配線していきます。
今回も、完成したのちにPICのプログラミングが変更可能なように、ICSP端子と電源供給端子を胴体から展示台の支持部分へ取り出しておくことにします。

(OP0801)

OP0801.jpg



続きは、、、




断線したファイバーの対策として、チップLEDをエンジンナセルに埋め込んで、ポリ線で配線することにしました。

この期に及んで、結構な整形外科手術となりました(笑)


まずは、エンジンナセルにチップLED用に穴をあけて成型後、ポリ線を通すための溝を掘りました。

(OP0701)

OP0701.jpg



続きは、、、、