2015-12-24 18:54 | カテゴリ:1/6
たまたは、WEBを見ていたら、超懐かしい「フライデー」を見つけて、思わず、「ポチッ」してしまいました。
このSFのTV番組は、たぶん中学生くらいに見ていた記憶が有ります。

51X6SNC5DYL.jpg

もちろん、白黒TVでしたが(汗)
印象的なのは、あの「意地悪ドクター」で、しなければ良いこ事をして、問題ばかり起こしていた記憶があります。
また、番組の最終段階で、新しい問題が起こって、いつも「来週に続く、、、」で終わっていました。
なので、毎週、中途半端な期待と不安感が残って、スッキリしませんでした。
また、フライデーの「計算されません!」という台詞も懐かしく思い出しました。
蛇腹の腕も、中に人が入っている感、丸出しでしたね。

いつものように、ヨドバシカメラさんで注文。
「お取り寄せ」でしたが、2日ほどで着きました。いつもながら、ヨドバシさんの配達の速さは格別です。
届いた箱は、こんな感じです。

DSC01664.jpg

箱の上部の1-2箇所が膨れています。中のパーツが移動して、盛り上がって、それで箱の一部を持ち上げています。

DSC01663.jpg

中身はこんな感じです。

DSC01665.jpg

大きな部品もあり、パーツの大きさと数の割には小さめの箱の中に押し込まれているようです。
まるで、3Dパズルの感じです。
一度部品を出して撮影し、元に戻そうとしたら、なかなか入りませんでした。

DSC01666.jpg



写真を見て、よみがえった記憶をたどり、ここは、やはり、電飾でしょうか?
頭のクリアな部分の中と、胴体の全面に「ピカピカ」がいっぱいあります。
当時は白黒TVなので、どんな塗装だったのか、電飾の色合いなど、全く分かりません。
箱の写真で判断していかねばなりませんが、PICを搭載して、LEDをコントロールすれば、それほど難しくはない気がします。
あと、頭の耳に当たる部分に、回転するアンテナなどがあった気がします。
これは、稼動させることが出来るかわかりませんが。
「計算されません」の台詞も、しゃべらせたら、楽しいでしょうね。

キットは組み立てると全高が30Cmくらいになるようです。スペース的には、制御部分を搭載するスペースはありそうです。
しかし、動かすようにモーターやギアを組み入れるのは、厳しそうです。
腕と足の蛇腹部分は、ビニル製の様で、塗装は検討しなければなりません。


来年、2016年最初の工作は、これになります!