2017-05-22 10:36 | カテゴリ:コンピュータ
RasPi3を使うためには、プログラムを書かねばなりません。
そのための開発環境をこれまで設定してきました。
それは、RasPi3のOSとしてRaspbianを選択し、それに基づいて、動作するC言語(WiringPi)を動かせるようにしてきました。
しかし、WiringPiは、RasPiのGPIO端子の制御が主な機能で、WiFiを使用して、インターネットに接続して、情報を得ようとすると、限界があるようでした。

そこで、今度は、OSをRaspbianではなく、WindowsのIoTをベースにしたものに入れ替える(別のSDカードにせってアップする)ことにしました。
WinIoT.jpg

【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:電子工作
コメント(4)
2017-05-02 09:57 | カテゴリ:コンピュータ

やっとWiringPiの開発環境が整いましたので、とりあえず、PICで製作したドットマトリックスLEDのスクロールプログラム(XC8で記述)をRaspberryPiに移植する事を試みました。

結果から言いますと、結構簡単でした。

XC8で記述されたプログラムをRaspberryPiWiringPiの文法に沿うように変更する手順は、今回の場合ですと以下の通りでした。

1)PICのConfig関連の記述は削除する

2)PICのポートの設定やA/D変換、などの設定を削除

3)Includeされているヘッダーファイルなどは削除する

(例)
#include
#include "pin_manager.h"
#include "stdbool.h"



4)XC8のSPIなどの個別の関数をWiringPiの関数表記に合わせる。

関数自体の記述もそうですが、関数に引き渡す変数のタイプ(バイト、整数、ポインター式など)も変更します。
その為には、変数型を一旦変換する必要もあります。


5)遅延関数の

__delay_ms(200) を delay(200) に。


だいたい、これくらいでOkでした。

その後、一度WiringPiのコンパイラーを通して、ERRORが出ればその都度修正すれば、それほど時間をかけずにできました。
RaspberryPi上で、Geanyで作成したプログラムをコンパイルすると、MPLABXのそれと同じように、画面下部にコンパイルエラーなどが、行番号と共に表示されるので、間違いを簡単に見つけることができます。

この辺りは、Geanyを使用するメリットですね。

で、以前のXC8を焼き直して、RaspberryPi上で動作させることが出来ました。

RP_Matrix.jpg

LEDは、折りたたんでいますので、表示は互い違いになっています。

最終のRaspberryPiWiringPiプログラムはこちらです。

RasPi_WiriPi.txt

これからも、RasPiをもっと勉強していきます!!







【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:電子工作
コメント(4)
2017-04-28 17:26 | カテゴリ:コンピュータ
PICのドットマトリクスLED駆動にトライしていましたが、久しぶりにRaspberryPiに戻ってきました。
もうすっかり忘れています(笑)

PCからリモートウィンドウでログオンして、RaspberryPi(ラズパイ)をPCから操作する際の「ログオンパス」や、共有フォルダーにアクセスする「パスワード」など忘れて、以前のメモを探し回りました。(汗)
ラズパイは、PICと比較しても強力なパワーで、本格OS搭載ですから、作法も結構厳しいんです。
管理者権限でないと操作できないことが多く、いちいち「sudo」を付けてコマンドを入力する必要があって、面倒ですね。

さて、プログラミングですが、Pythonという言語は、どうも肌が合いません。
記述の作法が、C言語とは結構異なり、勉強するにも大変です。

そこで、何かC言語的なものはないかと探したら、WiringPiというC言語がありました。
代表的な各種関数も装備されて、無料で使用できるようです。

(WiringPi)
RP_WiringPiHome.jpg



続きは、、、、

【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:電子工作
コメント(4)
2017-03-29 09:44 | カテゴリ:コンピュータ

なんとか小型LCDで動作することが確認でき、また、インターネット接続も可能になりました。
しかしながら、この小さなLCDでは、ソフトの開発どころか、デスクトップの設定メニューを開くにも広さが不足して、OKボタンが押せないこともあります。
そこで、32GBのSDカードとHDMI変換ケーブルが到着したのを機会に、HDMIディスプレイを主体に、小型LCDと切り替え表示ができ、また、Win10のPCとリモート接続が出来るように、再度OSをインストールすることにしました。


(01HDMI)
01_HDMI.jpg



(02uSD)
何かと今話題の、、、
02_USD.jpg




続きは、、、、

【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:電子工作
コメント(4)
2017-03-23 17:41 | カテゴリ:コンピュータ

なんとかSWがインストールでき、ハード本体もケースに無事収まりましたので、これからいろいろ遊んでいきたいと思います。
しかし、この3.5インチの画面は小さすぎます!

(セット1)
01_セット

(セット2)
02_セット2


やはりHDMIインターフェスが装備されているので、これを使用してPCディスプレイに接続すれば、もっと広く大きな画面で操作できるのですが、私のディスプレイにはHDMI端子がありません(笑)
アマゾンで、変換ケーブルを手配したのですが、安さを重視したので、かの国から来るまでに2週間ほどかかる見込みで、それまではこれで我慢です。

続きは、、、、

【ジャンル】:趣味・実用 【テーマ】:ホビー・おもちゃ
コメント(2)