2017-11-30 18:20 | カテゴリ:PIC応用回路

旅行に出かける前に、AMAZONへブレッドボード用のジャンパーピン2個注文しておきました。


これから電子工作を進めるために準備したかったので。

それで、帰国して、郵便受けに配達されていて、中身をチェック。

Web2.jpg

「?????」

アレ~何か変だなぁ ?
一瞬何を注文していたのか忘れていたので、なんだろうと、AMAZONのサイトで、注文内容をかくにん。

思い出しました。
注文したのは

sherry ブレッドボード・ジャンパーワイヤ(メス-オス)(20cm)40本
Sherry

価格: ¥ 147
Web1.jpg

を2セットでした。

40ピンセットx2のはずが、1ピンx2が届きました。(笑)

とりあえず、販売会社に写真をメールして、対応を依頼しました。
果たして、対応されるのでしょうか??

しかし、注文品が数本不足しているのは、良くある話で、問題ないですが、80本のうち、二本しか送ってこないのは、流石に大きな国です。

2017-11-09 16:14 | カテゴリ:PIC応用回路


アナログ時計のプログラムを検討するに際して、色々なライブラリー関数を検討しています。
今回は、ちょっと横道にそれるかも知れませんが、昔のTVゲームのテニスボールの反射動作の様な動きをさせる関数を考えてみました。

任意の点を始点として表示し、それを連続的に直線的(縦横斜め)に移動させ、境界(マトリックスLEDの端)に達したら、反射します。
しかし、通常のボールの反射とは異なり、任意(ランダム)な角度で跳ね返るようにします。

ボールの数が1個の場合の例です。

(MTX70)



途中の待ち時間を短くすると結構速いです。

(MTX71)



続きは、、、
2017-11-06 18:41 | カテゴリ:PIC応用回路
さらにライブラリーを製作しています。

時計文字盤の大きさに合うように、ドット数を小さくした数字(3x5ドット)を任意の位置に書き込む関数と、以前に製作したASCIIコードから文字ドットパターン(5x7)を取得して、任意の位置に表示する関数を製作しました。


(小さい文字の表示例)
MTX50.jpg



続きは、、、、、
2017-11-02 18:20 | カテゴリ:PIC応用回路
普通の時計文字盤では、どうにも「ダサい」ので、何とか「スマート」な時計文字板、表示方法にならないかと、いるいろ無い知恵を絞っています。
ブロ友の6jiroさんから、表示方法のアイデアもアドバイスをいただきました。(多謝!)

時計の文字盤に時刻の数字を表示させるにしても、ちょっと工夫して、インテリア風にも楽しめるようにしたいです。
そのためには、32x32ドットのLED表示器の任意の場所にASCII文字(5x7ドット)や、時計の時刻数字(3x5ドット)を自由に表示できると自由度が高そうです。

そこで、これらを簡単にプログラムできるように、関数でマトリクスLED用のライブラリを製作する事にしました。


(MTX40)
MTX40.jpg

この様な直線的な表示をさせるのは、あるバイトに「ON」を書き込むか、所定のビットのみを「ON」にすればよいので簡単ですが。



続きは、、、
2017-10-29 18:30 | カテゴリ:PIC応用回路

とりあえず時計の文字盤風の表示と運針のアイデアが出来ました。
MTX30.jpg

(MTX30)


続きは、、、